YES and .blog

Don't give up before you try it.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

"Keep it Simple" - My Golden Rule

This is my friend’s Blog, "FounderBlog: From a 29-year-old college drop-out".
I want to strongly recommend that an entrepreneur should read his thoughts.
For example, I tried to translate one of his entries, Keep it Simple - My Golden Rule, from English to Japanese. I would appriciate it if my translation would be helpful for Japanese young entrepreneurs.

私の友人であるFrank Addante氏は、シリコンバレーの真の起業家であり、既に多くの成功経験を有する。現在29歳。彼は、Blogを通して自身の経験を多くの人々に伝えようとしている。

彼のエントリーの1つ(抜粋)を記載してみました。

日本の起業家の参考となれば嬉しく思う次第である。

Background – S:C (Simplicity to Complexity) Ratio
私の哲学は、常に可能な限り早く動く事である。これを実現する唯一の方法は、“シンプルである“という事だ。もし、自分のアイディアが信じられないくらい複雑であった場合、それは元々製品化に時間を要するものであるし、顧客・パートナー・従業員等に対して説明が困難であるものだ。もし、顧客・パートナー・従業員等が理解する乃至説明するのが困難であった場合、そのアイディアは概して失敗するものである。従って、貴方のアイディアはシンプルでなければならない。

"80/20 Rule for Products"
私は、マーケットの80%は、製品の全機能の内20%程度の機能で満足させられると考えている。つまり残りの80%の機能は、残りの20%の市場(特定ニーズ)のためにあるのだ。例えば、マイクロソフトオフィスの全機能の内、貴方はどれ位の機能を知っていますか?貴方の友達は?子供は?両親は?

"Less is More; More is Difficult"
成功した製品、例えばiPod, eBay, Googleを考えたとき、彼らの戦略はシンプル・簡単に使える製品・サービスである。彼らの多くの競合企業が、より多様な特徴・機能を開発して、彼らを打倒しよう試みた訳だ。Apple, eBay, そしてGoogleは、市場の80%に通用するコア技術の完璧性を追求した。一方、彼らの競合は、より複雑な機能を元に、単にユーザーの動向を追求した。この比較に於いて、更なる複雑性は、その企業自身を苦しめるだけと言える。


"Don't Think Too Much. Stop Chain-Thinking!"

考え過ぎというのは、物事をより複雑にするし、時間の無駄である。人々は、しばしばゴールを意識せず、手法自体を考える事に時間を費やす。もし、貴方が“あと、私達はこんな事も出来る”とか、”しかし、例えば”とか言っているならば、それらは、私が思考の連鎖”と呼ぶものである。すぐに、やめなさい!

-可能な限り早く、貴方の商品を顧客に届ける-

そのためには、
1. 顧客に提案している貴方自身の声を聞く(貴方は、顧客に何と説明していますか?シンプルですか?)
2. 貴方の製品を利用している顧客の姿を見る(貴方のアドバイスが無いために悩んでいませんか?)
3. 全てが終わった後で、顧客に理解した事を貴方に説明するように依頼する(貴方に対する顧客の説明はシンプルですか?)

一般論として、貴方の提案が

- Simple to Understand:
もし、顧客が理解出来なければ、彼ら利用しないし、購入しない。

- Simple to Use:
顧客は、利用方法をすぐに理解したか?彼らは直ぐに購入したか?彼らは直ぐに知人に紹介したか?

-Simple to Promote:
更に、商品は、他の人々に説明/紹介するのが簡単である事が重要である。何故ならば、貴方の顧客が、貴方の商品を、他の人に紹介/販売してくれるからだ。

-Simple Looking:
"見た目は全て"
もし、商品が簡単そうに見えるのならばであれば、このフレーズに当てはまる。

-Perception is everything:
マーケティングや商品は、シンプルに見えるべきだと考える。貴方は、貴方の顧客が製品を簡単に購入出来る(例えば、契約、価格表)ようにするべきであるし、簡単に利用出来る(例えば、ログイン手順)ようにするべきである。

上記は、全てFrank Addante氏の経験に基づく内容である。
これらは、ビジネス上の基本的なマインドとも言えるが、常に意識する事の難しさを感じる。
スポンサーサイト
  1. 2006/06/20(火) 14:49:57|
  2. 米州旅行記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ベンチャーキャピタル業界のコミュニティ | ホーム | Stanford Golf Course>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://eboys.blog45.fc2.com/tb.php/73-f2905d26
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

eboys

Author:eboys
日本にてWirelessおよびMedia関連のM&A業務を担当後、米国Silicon ValleyのVenture Capital FirmにてIT分野を担当。
現在は、日本に帰任、財務・会計部門に在籍中。
email: eboys.2005@gmail.com

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

リンク

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。