YES and .blog

Don't give up before you try it.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Q&A with Roelof Botha, the Web 2.0 guy at Sequoia Capital

最近、所謂web2.0と呼ばれるStartUp企業にとって、「成功するための必要条件」とは何か?と考えている。

そんな中、Silicon Beat誌に、Sequoia CapitalのPartnerであるRoelof Botha氏のインタビュー記事が掲載された。(こちら

同氏は、動画共有サイトの象徴「YouTube」の既存投資家であり、オンライン決済の大手PayPalの前CFOでもあった人物だ。

今回のインタビューでは、YouTubeに投資するに至った経緯、YouTubeを取り巻く問題、FatTailの部分などに触れていて興味深い内容だ。

Q: 何故、多くの動画共有サイトの中で、敢えてYouTubeに投資しようと決めたのでしょうか?

A: 私が、YouTubeに投資をした頃は、競合が居なかったのです。これは、SequoiaがPayPalに投資した時を連想させました。1999年、Sequoia CapitalがPayPalに投資した当時、オンライン決済企業は少なかったのです。その中で、PayPalは、サービス開始からの6ヶ月間で急速な成長を遂げたのです。その後、競合企業が湯水の如く現れましたが、PayPalは先行者優位(first mover advantage)を生かして、その地位を確固たるものにしました。この状況は、少なからず今のYouTubeの現状とも似ています。例えば、この6ヶ月間で、YouTubeの使い勝手は劇的に改善しています。


Q: YouTubeの最大の機能を挙げる事は出来ますか?

A: 勿論、YouTubeの中で、特に大事な機能を挙げる事は出来ますが、単一の機能でサービスの良し悪しが定義されるものではないと考えます。言い換えれば、90%の出来上がりで、絵画を完成したと言えないのと同じ事です。Yahoo, Paypal, Googleを見ても、全てが緊密に連動してサービスとなっています。
つまり、YouTubeの競合企業が、1つや2つの機能だけを模倣するのは、ナンセンスな話だと思います。You Tubeのサイトを模倣したサイトも目にしますが、You Tubeは、利用者が動画フォーマットを気にする必要がない様に、バックグラウンドで処理するような工夫をしています。


Q: 多くの競合企業が登場していますが、YouTubeの他社との差別化要因を教えて下さい。

A: 市場は大きいので、多くの動画共有サイトが登場するでしょう。但し、YouTubeは、ソーシャル 性とインタラクティブ性を重視しています。私の見た所、Googleの動画サービスは、ソーシャル乃至はコミュニティという感じではないですね。


Q: それは、何故でしょうか?

A: 分かりません(笑)彼らは、ダウンロードでソフトウェアを提供したり、コンテンツ購入オプションを提供したりしています。(注 現在、Googleはダウンロード形式をやめた。Botha氏が指摘した模倣が証明された)

何故、MyspaceのSNSは成功したのか?と考えると、Myspaseは、YouTube以上のインタラクティブ性を提供しています。私は、MySpaceのコミュニティに以前参加した事がありますが、それは、あたかも人生そのもののようでした。

また、平均的なサイト訪問回数は5-6回/日から増加傾向にありますが、YouTubeは人々が毎日訪問する5つのサイトの内の1つになりました。1日の終わりに、人々は休息をとり、笑い、楽しみを欲します。これに、少しネットワークの効果を加える訳です。従って、人々はYouTubeに動画をUpLoadするのです。そして、人々は多くのコンテンツを保有するサイトに行く傾向があるので、動画を投稿したい人は、多くの人が訪れるサイトに、動画をアップロードしたがるのです。つまり、雪ダルマ式に動画数が増えるという訳です。


Q: YouTubeが、収入を得ず、顧客数を増やす事のみに注力する事は、許容出来るでしょうか?

A: いいえ(笑)。これは、いかなる経営陣にとっても非常に難しい問題です。どのように、インフラを改善するのか?いかに、利益を生む会社にするのか? 但し、YouTubeは、昨年から売上が上がっており、引き続き好調です。また、一般的に言えば、オンライン広告市場は巨大であり、2005年で12.5 billion市場と言われ、引き続き拡大しています。


Q: YouTubeは、Hollywoodのプロデューサーに何を提供出来るのでしょうか?YouTubeのプロモーション力と引き換えに、著作権の問題は解決出来るのか?YouTubeは、お金をより生む必要があるのでしょうか?

A: YouTubeは、様々な広告収入モデルを実験中です。YouTubeは、売上は上がっていますが、まだ黒字化した訳ではありません。但し、ページビューとリーチの両面に関して、世界トップ25のサイトになりました。600万人/日が訪れ、3,000万動画/日(=100万動画/時間, 300動画/秒)がUpLoadされます。
また、我々は、2ヶ月前にプロデューサープログラムの提供を開始しました。利用者が、10分以上のビデオを投稿した場合、我々は、著作権問題に触れているか否かの追加検査を実施します。
私は、一般的に投稿されるビデオは2分程度だと思っています。しかし、新進のプロデューサーの作品などもあり、我々はこれらの作品を許容していきたいとも思っています。


Q: 著作権の問題に関して、どのような問題がYouTubeに残されているのでしょうか?

A: YouTubeでは、著作権違反のコンテンツがアップロードされた場合は削除するように、著作権の問題には積極的に取り組んでおり、著作権の保有者からは高く評価頂いております。
我々は、攻撃的だったり、敵対的だったりと看做されたくはありません。何故ならば、私は、YouTubeがそのような企業だとは思っていないからです。
スポンサーサイト
  1. 2006/06/10(土) 16:25:51|
  2. IT関連
  3. | トラックバック:2
  4. | コメント:1
<<ワインカントリー・ナパバレー | ホーム | 書籍「インドを知らんで明日の日本を語ったらあかんよ」>>

コメント


こちらに日本語の動画共有サイトがあります
http://jp.im.tv/vlog
動画をブログのように使えるサイトです
  1. URL |
  2. 2006/06/21(水) 18:58:11 |
  3. imtv #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://eboys.blog45.fc2.com/tb.php/68-4c22278d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「動画」のトラックバックセンター

「動画」に関するページを集めました。
  1. 2006/09/14(木) 07:46:29 |
  2. 「動画」のトラックバックセンター

Q

シリコンバレーで働く知り合いのブログを読
  1. 2006/06/13(火) 11:32:14 |
  2. 小林雅のブログ-ベンチャーキャピタリストの独り言

プロフィール

eboys

Author:eboys
日本にてWirelessおよびMedia関連のM&A業務を担当後、米国Silicon ValleyのVenture Capital FirmにてIT分野を担当。
現在は、日本に帰任、財務・会計部門に在籍中。
email: eboys.2005@gmail.com

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

リンク

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。