YES and .blog

Don't give up before you try it.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

何故、VCはNDAを締結しないのか

「何故、ベンチャーキャピタリスト(VC)は、機密保持契約書(NDA)を締結しないのか」という興味深いエントリーを見付けた。(こちら

確かに、我々も大概NDAを結ばずにDue Diligenceを実行している。何故だろうか?
個人的には、全案件でNDAを要求されたら、その対応だけで1日が終わるので、勘弁して欲しいと思う(苦笑)

Brad Feld氏は、以下の質問を受け取ったそうだ。
「Blogで、VCは決してNDAを締結しない事を言及していたが、何故、VCは、NDAを締結しないのかを説明して欲しい。VCは、スタートアップ企業をシンプルに評価したいという事なのか?」

起業家のために、同氏は主張を「多くのVCは、NDAを締結しない」と言い換えている。また、Guy Kawasaki氏のBlogエントリー「Venture Capitalist Wishlist」でのコメントが的確だとの事。
「貴方が、例え大きな問題に立ち向かおうとする際でも、決してVCにNDAの締結を要求してはならない。VCは、複数の類似案件を見ているので、彼らは、法的問題を避けるために、決してNDAを締結する事を受け入れないからだ。NDAを締結して、他の類似企業を見付けた場合、被害妄想的な起業家は、VCがアイディアを盗んだと信じるからだ。それでも貴方が、VCにNDAの締結を求めるならば、それは"私は無知です"と頭に書いているようなものだ。」

更に、Brad Feld氏は、以下を追記している。
1.例え、私がNDAを締結する気になったとしても、私は、NDAの文面に問題があった場合、文書の変更のために弁護士に相談しなければならないし、貴方も私の要求を受諾/拒否するために弁護士との交渉に時間を費やす必要がある。幾つかの案件で、私は、起業家と彼のアイディアと共にNDAに更に時間を費やすだろう。しかし、それは馬鹿げた事だ。

2.私は、サインしたNDAの全てを遵守しなければならない。それは、我々が維持しなければならない文書神殿の中の”更なる法律文書”だ。NDAを作成、遵守するためにスタートアップ企業に対する投資を考えるようなものだ。ハイテク業界での20年間、私は起業家、エンジェル投資家、VCとして、M&A案件を除いてNDAを締結した事は無かった。NDAは、単に紙と時間の無駄だ。

3.1つだけ締結し得るNDAの形式がある。それは、幾つかの大企業が、ある理由により、ある物を貴方に見せたが、それらが公になるまで、それに関する情報を漏らして欲しくという時だ。その場合、将来の論争にならないので、私は、NDAを締結する事が出来る。ただ、これに関しても、私はNDAを締結したりはしない。大企業が、するべき事は、それらが公になるまで、私に他言無用と頼む事だ。

起業家は、これらの対応を‘横柄だ’とは考えないので、VCは、起業家の時間とお金の消費を抑えようとする。

もし、貴方が、誰も知るべきでない凄い秘密を持っていると思うなら、ただ私には言わないで下さい。あっ、この場合、貴方の想定を確認して下さい。価値が創造しそうですか?単なるアイディアだけでは無いですよね?


N親分>お疲れ様でした。また、今後とも宜しくお願い致します。
スポンサーサイト
  1. 2006/02/15(水) 12:35:20|
  2. IT関連
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<資金調達のためのプレゼン作成方法 | ホーム | マイクロソフトがモーションブリッジ社を買収>>

コメント

追記

テクニカルな話は別として、GPと呼ばれる人達は、その昔は同じく起業家であり、成功者だという前提があるのだと思います。まあ、性善説ですけどね。
  1. URL |
  2. 2006/02/17(金) 16:54:14 |
  3. eboys #-
  4. [ 編集]

僕の勤務している研究所では、必ずNDAを締結させています。
VCの立場、研究者の立場からすれば、NDAなんぞは時間と労力の無駄だと考えるかもしれませんが、事務屋からすれば譲れない線ですね。。
個人的には"お金を持っている人"と"シーズを持っている人"のどちらが強者で弱者かがわかる構図だと思います。
VCにとっては100案件中の1件だとしても、ventureにとっては唯一無二のシーズなので、NDAは必要だと僕は思っています。まぁ、所詮は紙切れだと言われれば、そこまでですが。。。

非常に勉強になる情報なので、今後も色々教えてください。

ビジネスは時間との戦いではありますが、最近の日本のventure起業家(志望者)に言いたいのは、「急いては事を仕損じる」ってところでしょうか。。

駄文失礼いたしました。
  1. URL |
  2. 2006/02/17(金) 10:08:47 |
  3. max25 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://eboys.blog45.fc2.com/tb.php/33-85e4d9ff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

eboys

Author:eboys
日本にてWirelessおよびMedia関連のM&A業務を担当後、米国Silicon ValleyのVenture Capital FirmにてIT分野を担当。
現在は、日本に帰任、財務・会計部門に在籍中。
email: eboys.2005@gmail.com

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

リンク

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。