YES and .blog

Don't give up before you try it.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

海外移籍とクラブ経営を考える②

先日、香川選手のドルトムント移籍に際して海外移籍とクラブ経営に就いて考察したが(こちら)、その際に触れた中村俊輔選手の移籍に就いても考察したい。

今期、横浜F・マリノスは、中村俊輔選手を移籍金120万ユーロ(約1億5000万円)で獲得した。

印象としては、中村俊輔選手を獲得したからと言って、今期の横浜F・マリノスが浮上した様には見えないが、戦績面から分析すると、2009年度シーズンの横浜F・マリノスのJリーグ戦績は34試合 11勝13敗10分け 勝率45.8%。これに対して、2010年度シーズンは開幕戦黒星スタートながら中村俊輔選手加入後の戦績は10試合 5勝3敗2分 勝率62.5%である事から、一定の効果があった事が伺える。

更に特筆すべきは収益面である。
横浜F・マリノスの2009年度シーズンのホームゲーム平均観客動員数22,057人だったが、2010年度シーズンは12節が終わってホームゲーム平均観客動員数30,184人と好調である。この辺りはナンバー ウェブ版(こちら)でも触れられているが、このペースを維持出来れば、年間収益は(平均観客動員数30,184-22,057)×チケット代3,000円×17試合=414百万円の増額となり、中村俊輔選手獲得に要した移籍金約1億5,000万円と年棒1億4,000万円を賄う事は出来そうだ。

横浜F・マリノスのような補強が出来るJリーグクラブは多くはないかもしれないが、選手を獲得する時、譲渡する時、中長期で魅力あるクラブとなるような経営をして欲しいと願う次第である。
スポンサーサイト
  1. 2010/05/15(土) 19:31:51|
  2. 日本の日々
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<書籍:「世界で戦うキャリアづくり―グローバルを知る外資系トップが語るリーダーの条件」 | ホーム | 海外移籍とクラブ経営を考える>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://eboys.blog45.fc2.com/tb.php/233-e6dba107
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

eboys

Author:eboys
日本にてWirelessおよびMedia関連のM&A業務を担当後、米国Silicon ValleyのVenture Capital FirmにてIT分野を担当。
現在は、日本に帰任、財務・会計部門に在籍中。
email: eboys.2005@gmail.com

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

リンク

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。