YES and .blog

Don't give up before you try it.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

書籍:「世界が指摘する岡田ジャパンの決定的戦術ミス」

書籍:「世界が指摘する岡田ジャパンの決定的戦術ミス」(★★★)

コメント:
イタリア人監督5人が日本代表の7試合を分析し、岡田ジャパンの戦術ミスを指摘した書籍。
現在の日本代表を分析している点、テレビ解説の様な印象論ではなくシステムを俯瞰的に分析している点が非常に面白く、サッカー好きにはお奨めの一冊です。

感想としては、「分かっているけど出来ない」のが現在の日本代表なのだと思う。
表紙に記載されている「ここを変えれば岡田ジャパンは勝てる!」というほど、甘くはないのでは?とも思った。

一言で言えば、「連動性」に問題があるという事。
まあ、「連動性」自体は、岡田監督が繰り返し述べているコメントだが、具体的には以下のことを指摘している。
①ディフェンスは、ディアゴナーレ(斜め後方に)に動いて、バランスよくスペースを消すべき。日本代表は、先ず人に寄せるため後手に回って混乱する傾向がある。
②日本代表フォワードの懸命なプレスは、ミッドフィルダー、ディフェンスとの連動がなく無意味で消耗するだけで虚しいだけである。
③中村(俊)が、サイドバックの役割を担っているので、攻撃時には疲弊して能力を発揮出来ない。
④闘莉王が、背後のスペースを気にせず上がる傾向がある。

ただ、Jリーグレベルならいざ知らず、世界レベルの選手は瞬発力が違うので、先ずは寄せたがる気持ちも分からなくもないし、闘莉王が上がる事で局地的な数的優位を作らないと局面を打開出来ないのも現実だと思う。

要するに、基本的な運動能力の面も含めて「分かっているけど出来ない」訳だから、所謂「セオリー」を捨てて、特殊なサッカー(日本らしいサッカー?)で打開するのが岡田ジャパンの試みでは?と信じたい。

世界が指摘する岡田ジャパンの決定的戦術ミス~イタリア人監督5人が日本代表の7試合を徹底分析~ (COSMO BOOKS)世界が指摘する岡田ジャパンの決定的戦術ミス~イタリア人監督5人が日本代表の7試合を徹底分析~ (COSMO BOOKS)
(2010/02/06)
宮崎隆司

商品詳細を見る
スポンサーサイト
  1. 2010/04/30(金) 22:56:12|
  2. 書籍
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<海外移籍とクラブ経営を考える | ホーム | 第16回企業白書~「新・日本流経営の創造」~>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://eboys.blog45.fc2.com/tb.php/231-26f60264
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

eboys

Author:eboys
日本にてWirelessおよびMedia関連のM&A業務を担当後、米国Silicon ValleyのVenture Capital FirmにてIT分野を担当。
現在は、日本に帰任、財務・会計部門に在籍中。
email: eboys.2005@gmail.com

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

リンク

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。