YES and .blog

Don't give up before you try it.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

決算業務からクラウド・コンピューティングを考える

独り言の様なものだが、私は「クラウド・コンピューティング」の事業性に関して、新しい価値を見出せなかった為、これまで否定的であったが、決算業務を通して「クラウド・コンピューティング」に関して、改めて考えてみた次第。

先ず、米Forrester Researchのアナリストの定義では、「クラウド・コンピューティング」は、「スケールアウトクラウド」と「サーバークラウド」に大別されるとの事。

グーグルやアマゾン等のモデルは、「スケールアウトクラウド」に該当する。
自社サービス向けに圧倒的なサーバー数を既に運用している企業であれば、仮想化技術を利用して既存サーバーの稼働率を上げるという考え方は理解出来るし、新規ビジネスにより固定費比率を下げられるのであれば、サーバー数を増やすのも理解出来る。

日経コンピューターによれば、Amazon.comが購入したサーバー台数は、概算で2008年度が2万4000台、2007年度が1万6000台。サーバーの耐用年数が4~5年と試算すると、運用するサーバーの総台数は、7万~10万台程度との事。(こちら

一方、日本企業の場合は、「サーバークラウド」に該当する。
しかし、多くのケースは、「これからは、クラウド・コンピューティングの時代だ」のような考え(に見える)から、新規投資を検討している様に見える。

「サーバークラウド」は、"従来型のビジネスアプリケーションで求められるものをサポートするもの"と定義されているが、個人的には従来のASPサービスやホスティングサービスと何が違うの?と思っている。

まあ、通信事業者や大手SIerのように、既にデータセンターやサーバーを中途半端に運用していると参入したくなるのかも知れないが、前述の記事では、日本市場における年間サーバー出荷台数は60万4000台との事で圧倒的に規模が異なる為、価格が下がるとも思えない。

単純に償却代金と運用費を月額で請求されるだけであれば、新たな価値は見出せないため、利用する動機には繋がらないと思っている。

しかし、今回四半期決算業務を担当してみて、決算システムこそ"「スケールアウトクラウド」"に向いているのではないかと思った。
(勿論、セキュリティ問題に関する議論は別次元の話)

決算期は、本当にシステムの処理スピードが遅い・・・

データベース等のシステム自体の問題もあるとは思うが、決算なんて季節性のものであり、季節性のものだからこそアクセスが集中する訳で、締切期日直前なんて輻輳が発生する事も多いと思う。連結決算であれば尚更だ。

但し、季節性のものに対して、潤沢な設備投資が許容される訳でも無いと思う。
これに対して、クラウド内の余剰リソースを使って処理が早く出来るのであれば魅力的だ。

あとは、ネットワークの問題か。

データの持ち方に関しては、「クラウド・コンピューティング」の概念に反するが、データ自体は事務所に近い場所に格納したいというのが実務的だろう。

また、トラフィックを分散させる事まで考慮すると従来のトポロジーとも異なるのではないだろうか?とか色々考えをめぐらせてみた次第。
スポンサーサイト
  1. 2009/07/18(土) 11:31:05|
  2. 日本の日々
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<書籍:「プロフェッショナル・アントレプレナー 」 | ホーム | 車両故障と不快指数に関する考察>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://eboys.blog45.fc2.com/tb.php/220-800b5565
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

eboys

Author:eboys
日本にてWirelessおよびMedia関連のM&A業務を担当後、米国Silicon ValleyのVenture Capital FirmにてIT分野を担当。
現在は、日本に帰任、財務・会計部門に在籍中。
email: eboys.2005@gmail.com

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

リンク

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。