YES and .blog

Don't give up before you try it.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

書籍:「世界連鎖恐慌の犯人」

書籍:「世界連鎖恐慌の犯人」(★★☆)

コメント:
ドリームインキュベータ社会長 掘紘一氏の著書。

米国発の金融恐慌以降、これまで金融工学を賞賛していたコンサルタント、アナリスト、評論家などは、掌を返したようにバッシングに回ると共に、それを題材にした書籍が乱発されている。
また、経営者の中には、金融資本主義は完全なる虚像であると整理して、もはや反射的に拒否している様な状況も見受けらるため、正直食傷気味である。

本書籍も同様かとは思ったが、一応「私たちは、われわれ日本人が得意としてきた産業資本主義に回帰すべきなのである。産業資本主義は、ほとんどすべてが「実」だ。繰り返していえば、昨今の金融資本主義の多くが『虚』である(金融資本主義であっても『実』を伴うものなら私は認める)」とある事から、まだ許容出来る範囲ではあった。

一方、格付機関、インベストメントバンク、ヘッジファンドの手口を分かり易く表現している点は評価出来る。特に、ネット証券の儲けの仕組みは、信用取引をする人の証拠金の金利であり、いざとなれば強制決済で株を全部売らせて、お金を回収してしまう。今回の株価大暴落でも、本当にお金を持っている人は株を売らないで済むため、本当の意味では損しなかった、という記述は面白い。

また、提言として下記事項を記載している。

1)企業への提言
①無借金経営にする
②採用を控える:欠員はやむえないとしても、基本的に人数は、なるべく絞る。
③既存の得意先を大切に:新規開拓よりも既存顧客の確保は、守備固めの常道。

2)読者への提言
①ブルーチップを買え
②転職はするな:嫌な事があっても、今の会社にしばみつけ。今は時期が悪い。
③勉強する

世界連鎖恐慌の犯人 (Voice select)世界連鎖恐慌の犯人 (Voice select)
(2008/12/18)
堀 紘一

商品詳細を見る
スポンサーサイト
  1. 2009/04/19(日) 20:46:44|
  2. 書籍
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<Emerging Technology Trend | ホーム | Cherry-blossom viewing>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://eboys.blog45.fc2.com/tb.php/199-e576d6d0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

eboys

Author:eboys
日本にてWirelessおよびMedia関連のM&A業務を担当後、米国Silicon ValleyのVenture Capital FirmにてIT分野を担当。
現在は、日本に帰任、財務・会計部門に在籍中。
email: eboys.2005@gmail.com

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

リンク

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。