YES and .blog

Don't give up before you try it.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

書籍:「チーム・バチスタの栄光」

書籍:「チーム・バチスタの栄光」(★★★)

コメント:
今更かも知れないが、「チーム・バチスタの栄光」を読んだ。
同タイトルの映画も観たが、書籍の方が描写が細かく、改めて面白い作品だと思った。

特に、著者の海堂尊氏自身が、医師・医学博士という事もあり、登場人物の心理の描き方は秀逸。
主人公の白鳥圭輔が解説する「相手の内面を調査する術」などは、実世界でも参考になるのではないかと思うくらいの完成度である。

調査には、パッシヴ・フェーズ調査とアクティブ・フェーズ調査があるとの事。

●パッシヴ・フェーズ調査
心理読影。対象を自分の繭の中に取り込んで、そこでゲロさせる。過去の事象を看取る。

●アクティブ・フェーズ調査
説得。相手の心臓を鷲掴みして、膿んでいる病巣にメスを突き立てる。未来を創る。

アクティブ・フェーズ調査の手順は以下の通り。
その1:相手が、怒るか怒らないか、ぎりぎりのところで持ちこたえる(質問やコメントを繰り返す)。
その2:ガツンとやって、ピュ-と逃げる。そして物陰から様子を見る。但し、ガツンとやる前に、隠れる物陰を確保する。
その3:用件が終了したら長居は禁物。
その4:複数(人)同時聴取で反射情報をからめ取れ。
その5:身体を張って情報ゲット。
その6:
その7:反射消去法(ダブルチーム・ヒアリング:先ず一人ずつ話を聞く。次に二人一緒に聞く)。
その8:弱点を徹底的に攻めろ。

基礎研究では、未熟で独善的な性格に人間は、パッシヴ・アクティブ間で、(調査官が受ける)イメージの変化が起こりやすいと言われている。アクティブ・フェーズでは、隠された本質が出やすい。つまり、二つの相で印象が異なるとしたなら、アクティブの方が素顔に近いとの事。

チーム・バチスタの栄光チーム・バチスタの栄光
(2006/01)
海堂 尊

商品詳細を見る
スポンサーサイト
  1. 2009/03/21(土) 22:18:40|
  2. 書籍
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<映画:「ジェネラル・ルージュの凱旋」 | ホーム | 書籍:「戦略PR -空気をつくる。世論で売る。-」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://eboys.blog45.fc2.com/tb.php/197-33a9884f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

eboys

Author:eboys
日本にてWirelessおよびMedia関連のM&A業務を担当後、米国Silicon ValleyのVenture Capital FirmにてIT分野を担当。
現在は、日本に帰任、財務・会計部門に在籍中。
email: eboys.2005@gmail.com

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

リンク

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。