YES and .blog

Don't give up before you try it.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

企業戦略:販売価格と利益の相関関係

昨日の朝、テレビを見ていたら、以下の様な報道があった。
(朝でバタバタしていたので、聞き間違いがあるかも知れない)

「西友が、10%の値下げキャンペーンを行った結果、売上高を15%伸ばしました」

単なる事実を述べただけの報道ではあったが、「不景気でも、西友の様に頑張れば結果(=利益)は出ますよ」というPositiveな印象を受けたのは私だけでは無かったと思う。

しかし、本当に値引きが利益に繋がっているのだろうか?

経営戦略のケーススタディに於いて、販売価格と利益の相関関係は、よくテーマに取り上げられるほど難しい。

例えば、以下の通り「単価100円(利益率50%)の商品を、10%値下げして販売する」モデルを試算してみると、色々な事が見えてきて面白い。

SalesAndProfit1

●表「値下げ後①」:売上高を15%UPしたが、利益は2%UPに留まる。

●表「値下げ後②」:本当は、より多くの販売個数を見込んでの値引きキャンペーンだったのかもしれないが、売上高13%UPで値下げ前と同水準の利益を確保出来る訳であるから、積極的な取り組みだった事が分かる。

●表「値下げ後③」:実は、原価も下げられたのかもしれないが、原価を変動費と固定費に分解した場合、一般的には西友の様なビジネスモデルは、販売のためのフロア、在庫スペースや人件費など固定費が占める割合が大きい。また、もともと価格競争の激しい業界であるため、その中で更なるディスカウント10%は厳しい数字と考える。在庫に関しても、在庫一掃キャンペーンの様な考え方もあるだろうが、売上高UPを狙うという事は、在庫量UPという事でもあり、かなり積極的な取り組みであった事が分かる。

この様に、企業にとって、販売価格と利益、販売数量と在庫量の相関関係は、非常に重要な問題であり、この不況下では、更に難しい舵取りを経営陣は迫られていくと見るべきであろう。

※文面を修正しました
スポンサーサイト
  1. 2008/12/25(木) 23:33:05|
  2. ブログ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<書籍:世界のビジネスを変えた 最強の経営参謀 | ホーム | 書籍:「 お客の心に飛び込め!―実践ゲリラ・マーケティング入門」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://eboys.blog45.fc2.com/tb.php/179-0017fafb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

eboys

Author:eboys
日本にてWirelessおよびMedia関連のM&A業務を担当後、米国Silicon ValleyのVenture Capital FirmにてIT分野を担当。
現在は、日本に帰任、財務・会計部門に在籍中。
email: eboys.2005@gmail.com

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

リンク

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。