YES and .blog

Don't give up before you try it.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

錦織圭選手とSONY:夢と1の作り方

2008年11月10日号の日経ビジネスに、日本テニス協会会長の盛田正明氏(ソニー㈱元副社長)の記事が掲載された。

記事の内容に関して、自分自身が、新規事業の立ち上げに関わっていることもあり、手本になるというか、そういうものなんだなぁと思うというか、色々と感慨深いものがあった。

100、10、1。ソニーにいた頃、井深大さんから学んだ数字です。新製品開発のアイディアが100件あっても、その中から10の新製品が生まれれば良い方。本当に飯の種になるヒット商品はたったの1つしか出ない。井深さんは常に『世の中に存在しない商品』を作り出すようにと目標を掲げました。言い換えると『夢を実現させよ』です。

米国から帰国後、幾つかのプロジェクトに関わったが、なかなか上手くいかない。
実力の問題だったり、環境の問題だったりと、理由は色々あるが、モノを世に出すというのは、とにかく難しい作業だ。こればかりは、勉強してもねえ・・・という焦燥感もある。
そういう意味で、「100、10、1」というのは、そんなものなんだな、というのが正直な感想。

通り一遍の目標や努力という次元を超えていましたね。常識や経験などが一切通用せず、頭の中を真っ白にして仕事に取り組むことが必要でした。厳しく、難しい仕事でしたが、夢に向かって邁進することにやりがいを感じていました。ところが、あれほど夢を意識していたのに定年退職したとき、これからの人生で追い求める夢がないことに気付いたのです。

但し、プロジェクトというのは、必ずしも自分の夢というレベルの話では無い時もある。
もちろん真面目に仕事はするのだけど、「これからの5年間を、本プロジェクトに全て注ぎ込む覚悟があるか?」と問われると、大概の人は、あんな事もしたい、こんな可能性もあるのでは、躊躇するのではないだろうか。

だからこそ、「夢を意識する」という事を、改めて考えさせられた。

定年退職後、盛田氏は日本テニス協会会長に就任、『自分の夢はテニス界のジュニア育成しかない』と考える様になった。では、『どうすればそれがかなうのか』と考えた時、12~13歳のジュニア選手を売国フロリダ州になる名門のテニススクールに留学させるテニスファンド2000年に立ち上げました。

一方、啓蒙書や先輩などには、「夢を持て」と言う人は結構多いのではないだろうか。
但し、それだけでは駄目というか、無責任というか、「どうすればそれがかなうのか」と考える事が大事なのだと思った。

但し、世界的な選手を何人も輩出してきた名門テニススクールでも、ただ日本から子供たちを送り込むだけではダメ。受け入れ側もビジネスなのだ。

「どうすればそれがかなうのか」と考えた時に、留学システムを構築しただけで満足しそうであるが、それだけでなく、二手目、三手目の具体的な施策を打ち出している点も手本になる。

その10年目の結果が、プロテニスプレーヤーの「錦織圭」選手の活躍に繋がる訳であるが、エピソードとビジネスが関連しており非常に面白い記事であった。
スポンサーサイト
  1. 2008/11/29(土) 21:18:43|
  2. IT関連
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<携帯電話事業者の財務比較 | ホーム | 書籍:「考えることの科学」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://eboys.blog45.fc2.com/tb.php/175-f81a1b65
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

eboys

Author:eboys
日本にてWirelessおよびMedia関連のM&A業務を担当後、米国Silicon ValleyのVenture Capital FirmにてIT分野を担当。
現在は、日本に帰任、財務・会計部門に在籍中。
email: eboys.2005@gmail.com

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

リンク

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。