YES and .blog

Don't give up before you try it.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

任天堂:宮本コンセプト図のすごさ

2008年10月3日付のNIKKEI NETコラム「新清士のゲームスクランブル」に於いて、任天堂のゲーム機Wiiにおける戦略が紹介されていた。(任天堂「DSi」が30万画素カメラを搭載する狙い

ここで興味深いのは、専務の宮本茂氏が纏めた「宮本コンセプト図」と呼ばれる下記チャートである。
同コンセプト図では、Wiiのゲームデザイン展開プランが表現されているとの事だが、素人の私が見ても任天堂の「ビジョン」が自然と伝わって来る。

「これはスゴイ!」と感激した。
また、考え方自体は、ツールとしても非常に参考になると思ったので紹介したい。

Miyamoto_Concept
2月の米国ゲーム開発者会議の任天堂のセッションで示された「宮本コンセプト図」(NIKKEI NET)

因みに、ネット上には「同コンセプト図は、撮影禁止だった筈では?」との指摘もあり、怒られたら削除する事としたいw

同記事によれば、 任天堂の戦略とは、ハード単体で全貌を示すような商品展開ではなく、「Wiiスポーツ」へとつながっていく「スポーツパック」、「エキサイトトラック」になる「レースパック」、「WiiFit」になる「ヘルス(健康)パック」、「はじめてのWii」などになる「パーティパック」など、メタなコンセプトを作り上げて、それをハードとソフトとサービスに着実に落とし込む事らしい。

経験上、ゲーム作りには、色々な才能がバランス良く必要だと感じている。
例えば、ゲームクリエーターとは、ゲーム性(ストーリー)という意味では小説家であり、キャラクター設定という意味では画家であり、空間を構築するという意味では建築家であり、またゲーム機をパソコンと定義するならばエンジニアとも呼べるだろう。

また、ゲームは消費材では無く、娯楽用品であるため、そもそも面白くなければ売れない。
従って、一流のゲームクリエーターとは、一流のビジネスマンでもあると考える。

そう考えると、宮本茂氏のインタービュー「宮本茂 時雨殿でWiiを語る」も、更に面白く読む事が出来る筈である。
スポンサーサイト
  1. 2008/10/09(木) 22:39:19|
  2. 日本の日々
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<書籍:「ご飯を大盛りにするオバチャンの店は必ず繁盛する」 | ホーム | Kleiner Perkins Leads $75M for Smart Grid Startup>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://eboys.blog45.fc2.com/tb.php/162-6234ecc9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

eboys

Author:eboys
日本にてWirelessおよびMedia関連のM&A業務を担当後、米国Silicon ValleyのVenture Capital FirmにてIT分野を担当。
現在は、日本に帰任、財務・会計部門に在籍中。
email: eboys.2005@gmail.com

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

リンク

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。