YES and .blog

Don't give up before you try it.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

書籍:羽生善治「決断力」

書籍:羽生善治「決断力」(★★★)

コメント:
以前のエントリーの再紹介。

「こんな製品・サービスがあったら面白いのになあ」と思っていたら、いつの日か、何処かの会社から、似たコンセプトの製品・サービスが発表されて驚いた経験は無いだろうか?

「直感の7割は正しい」
最近、そんな経験をして悔しかったので、改めて本書籍を再掲した次第。
周囲の人に説明を求められても理由なんかない、そう思い付いたのだから仕方が無い。
説得仕切れなかったのは、自分の実力不足と反省するしかない

米国のベンチャーキャピタルで働いていた頃に、携帯電話向け検索エンジンの案件に関する議論があった。大半の人が「携帯電話の小さな画面で検索エンジンとか誰が使うのだろうか」と否定的であったが、同僚の一人が「理由なんか無くて、誰かがサービスをリリースして、いつしか当たり前になっているものなんじゃないか」と言っていた事を覚えている。今や携帯電話向け検索エンジンは当たり前だ。

中学生時代に、「車のフロントグリルから空気を取り込んで2H_2O⇒2H_2+O2で環境に優しい車が出来るんじゃないの?」と思い付きで言っていたが、周りの大人には一蹴された。でも、今や現実のモノになりつつある。

大学生時代には、欧州旅行中に駅構内のスープスタンドを見て面白い商売だなと思った。
その発展系が「Soup Stock Tokyo」だと思う。
こちらは、日本は欧州の様に長距離列車が一般的では無いので、ビジネスにするのは少し難しいかなと思っていたが、「女性」「無添加」など方向性を変えて成功した。自分には、そこまで考え付かず、正直スゴイと思った。

周りの人は、「思い付く事は誰でも出来る。実行する事が大事なんだ」と、よく言うけれど、思い付く事自体も大事だと思う。

経験的には、そういう事を言う人に限って、思い付いていないように見える。

新たな事業を興す際は、「直感」「知恵」「決断力」が大切だと改めて学んだ。
どんなに未来を覗こうとしても、結局誰にも未来は見えないのだから。

本書籍に於いて、羽生氏は以下の項目に関して記載している。
・直感の7割は正しい
・「選ぶ」情報、「捨てる」情報
・決断とリスクはワンセットである
・知識は、「知恵」に変えてこそ自分の力になる
・常識を疑うことから、新しい考え方やアイディアが生まれる
・破壊と創造
・八面玲瓏(どの方面から見ても、美しく欠点がない。心中にわだかまりがなく、清らかに澄みきっているたとえ)

決断力 (角川oneテーマ21)決断力 (角川oneテーマ21)
(2005/07)
羽生 善治

商品詳細を見る
スポンサーサイト
  1. 2008/10/04(土) 23:44:10|
  2. 書籍
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<この一球は絶対無二の一球なり | ホーム | PLEO(プレオ)かわいい♪>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://eboys.blog45.fc2.com/tb.php/158-d6775f05
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

eboys

Author:eboys
日本にてWirelessおよびMedia関連のM&A業務を担当後、米国Silicon ValleyのVenture Capital FirmにてIT分野を担当。
現在は、日本に帰任、財務・会計部門に在籍中。
email: eboys.2005@gmail.com

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

リンク

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。