YES and .blog

Don't give up before you try it.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

書籍:「プロフェッショナル・アントレプレナー 」

書籍:「プロフェッショナル・アントレプレナー -成長するビジネスチャンスの探求と事業の創造-」(★☆☆)

コメント:
The Wharton School of the University of Pennsylvaniaの上席教授陣が選んだポストMBAの実践書。

本書籍は、テクノロジー企業を創業したいと考えている起業家に向けたフレームワークに就いて記載しているとの事だったが、「どんな人だって、真剣に新規事業や起業を考えた場合には、当然に検討する項目ばかりでしょう」というのが正直な感想だった。まあ、フレームワークとしては利用出来るので、参考程度といったレベル。

第1の鉄則:有利な産業を選ぶ
知識特性(事業運営する上で基礎となる知識の特徴)、需要特性(需要の大きさ・成長率・細分化率)、産業のライフサイクル(学習曲線)、産業構造(資本集中度・広告集中度・シェアの集中度)を分析して、成長が見込める産業を選ぶ。

第2の鉄則:価値あるビジネスチャンスを発見する
意欲満々の起業家が世界中に溢れているのに、実際にはそれほど多くの新規事業は必要とされていない。従って、ビジネスチャンスを発見するためには、テクノロジーの変化、政策や規制の変化、社会や人口動態の変化、産業構造の変化の様な"変化"に着目する。そして、ビジネスチャンスにつながるイノベーションがどこで生まれるかを理解することが重要である。

第3の鉄則:テクノロジーの進化を制する
あるテクノロジーのパラダイムが他へ移行するときに企業をスタートさせれば成功する確率は高まる。
半導体の集積度とコンピューター産業に代表されるようにテクノロジーの進化のパターンを理解するべきであり、具体的には、労力(賃金)と成果の関係を表す「フォスターのS曲線」「ドミナント(支配的)デザイン」「収穫逓増ビジネス」を意識する必要がある。

第4の鉄則:本当の市場ニーズを発見し、それを満たす
本当のニーズの発見で最も難しいのは、「顧客が絶対に必要とするもの」「あるとよいもの」「不必要なもの」を見分けることである。また、マーケティングと販売プロセスを理解する必要がある。

第5の鉄則:購入者の意志決定と、市場の力学を理解する
いかにして、(イノベーター、ラガートではなく)マジョリティーを取り込むかを工夫する必要がある。
ジェフリー・ムーア氏の言葉を借りるならば「キャズムを超える」という事。
また、市場が動的であるということは、市場の静的な予測は、あまり役に立たないということに留意するべきである。

第6の鉄則:既存企業の弱みにつけ込む
既存企業は、ベンチャー企業よりも「学習曲線」「評判効果」「キャッシュフロー」「規模のい経済」「製造・マーケティング・流通における補完的資産」などの面で優れている。
逆説的に言えば、「既存顧客の声、既存の組織」を尊重せざるを得ない既存企業に対して、ベンチャー企業は、「効率性」「不確実性」を追求することが望ましい。

第7の鉄則:知的財産を管理する
秘密主義、特許により参入障壁を築く。

第8の鉄則:イノベーションの利益を専有する
ネットワーク外部性を備えている市場で、先発企業の優位性を占有する。

第9の鉄則:最適な事業体制をとる
事業を構築するために、必ずしも製品開発から製造、流通に至るバリューチェーンすべての段階を所有する必要はない。状況に応じて、ライセンス供与た戦略的提携のような契約方式を採用すれば良い。

第10の鉄則:リスクと不確実性に対処する
新規事業のリスクを軽減するためには、十分な調査を実施、投資額を最小限に抑える、柔軟性を保つことが重要である。リスクと不確実性に対処するためのツールが「リアルオプション」とシナリオ分析である。

プロフェッショナル・アントレプレナー 成長するビジネスチャンスの探求と事業の創造 (ウォートン経営戦略シリーズ)プロフェッショナル・アントレプレナー 成長するビジネスチャンスの探求と事業の創造 (ウォートン経営戦略シリーズ)
(2005/08/31)
スコット・A・シェーン

商品詳細を見る
スポンサーサイト
  1. 2009/07/25(土) 14:56:43|
  2. 書籍
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<書籍:「ビジネスに活かすファイナンス理論入門」 | ホーム | 決算業務からクラウド・コンピューティングを考える>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://eboys.blog45.fc2.com/tb.php/140-9a9495b2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

eboys

Author:eboys
日本にてWirelessおよびMedia関連のM&A業務を担当後、米国Silicon ValleyのVenture Capital FirmにてIT分野を担当。
現在は、日本に帰任、財務・会計部門に在籍中。
email: eboys.2005@gmail.com

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

リンク

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。