YES and .blog

Don't give up before you try it.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

トップVCの未来予測

14日のSan Jose Marcury News誌に、Silicon ValleyのトップVCによる未来予測が掲載。(こちら

トップVCとして、John Doerr氏/Kleiner Perkins Caufield & Byers, Joe Schoendorf氏/Accel Partners, Steve Jurvetson氏/Draper Fisher Jurvetson, Ann Winblad氏/Hummer Winblad Venture Partners, Roger McNamee氏/Elevation Partnersの5名が参加。

ITに関連する部分を以下に抜粋するが、残念ながらノストラダムス的な「こりゃ凄い」という内容ではなかった。

The panelists voted on each other's predictions by holding up two-color paddles, with the green side facing forward for agreement and red facing forward for disagreement. The audience voted by holding up either red or green squares of paper.

「パネリストと聴衆は、各予測に対して投票を行う形式で行われた。賛成なら緑色のパドル、反対なら赤色のパドルを挙げるという訳だ。」

First-timer Ann Winblad of Hummer Winblad Venture Partners made the least popular prediction in saying corporate-software makers Microsoft, Oracle and SAP would lose their dominance of the $100 billion enterprise applications market during the next 36 months. Emerging competitors will use open source software and online software delivery, Winblad believes, to offer low-cost alternatives. All the paddles on the stage flashed red, except for Jurvetson, and the audience showed almost no green.

最も人気が無かった予測は、Hummer Winblad Venture PartnersのAnn Winblad氏の予測。同氏の予測によると、$100 billion市場を独占するマイクロソフト、オラクル、SAPのようなCorporate-software makerが、今後3年間でその地位を失うというもの。新興企業は、オープンソースとオンラインソフトウェア配信を活用して低コスト提供出来るからというのがその理由だが、Jurvetson氏を除くパネリストは反対、聴衆にも殆ど賛成票は無かった。

Winblad got much more traction with her second prediction, that design would count more than ever in consumer products such as MP3 players, mobile phones and laptop computers. Consumers are becoming less interested in the technical details of such personal devices and more interested in how they look and what kind of statement they make.

「Winblad氏の2つ目の予測、MP3プレイヤー、携帯電話そしてラップトップパソコンのようなコンシューマ向け製品の数は増加するという予測は支持された。コンシューマは、パーソナル機器の技術的仕様には、もはや興味は無く、より外観や評判を気にするようになるという訳だ。」

McNamee added that U.S. consumer technology companies need to focus on ``aspirational products,'' such as Apple's elegant iPod line, where desirable design justifies a higher selling price, because Americans can't compete on price alone with low-cost mass-market products from China and elsewhere in Asia.

McNamee氏は、米国コンシューマーテクノロジー企業は、"aspirational products"に焦点を定めるべきだと付け加えた。
aspirational productsとは、高い販売価格でも受け入れられるアップル社のiPodのような優雅さを持つ製品である。何故ならば、米国企業は、低コスト且つマス市場向け製品では中国やアジア諸国と競争出来ないからだ。

One of the more precise predictions came from Jurvetson, who said voice calls would become free when placed over the Internet and would become the ``killer app'' for municipal wireless networks. WiFi cordless phones, just now hitting the markets, will bring free calling in homes that have broadband Internet service and a wireless network, and anywhere within a city that has outdoor WiFi service. Cupertino, Mountain View, Santa Clara and Sunnyvale already have or will soon have such municipal WiFi networks. In five or 10 years, Jurvetson concluded, we'll barely remember the days when we received monthly phone bills.

「Draper Fisher JurvetsonのSteve Jurvetson氏の予測の1つは、音声通話はインターネットにより無料となり、それは市営ワイヤレスネットワークのキラーアプリになるというものだ。市場で注目を集めるWiFiコードレス電話は、家庭内および屋外WiFiサービスにより、無料通話を可能とする。Cupertino市, Mountain View市, Santa Clara市そしてSunnyvale市では、近日中に市営ワイヤレスネットワークが敷設される。Jurvetson氏は、5年乃至10年後、我々は通話料の月々の請求書を受領していた日々を忘れるだろうと締め括った。」

Schoendorf flashed the red side of his paddle, however, questioning how well such systems would work and asking the audience, ``How many of you had a dropped cellular call in the last week?''

「しかし、Schoendorf氏は、これに対して反対票を投じた。どんなにそのシステムが素晴らしいとしても、携帯電話でさえ繋がらない事があるからだと指摘した。」


記事の最後を、2年前にTim Draper氏が2004年に火星で生命が発見されると予測、昨年Doerr氏が1年以内にstem-cell researchが新薬開発を促進させると予測したが、未だ実現していない事を例に挙げて締め括っているのも意味深い。
スポンサーサイト
  1. 2006/01/17(火) 13:17:01|
  2. IT関連
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<取締役会に出席 | ホーム | 映画:SAHARA>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://eboys.blog45.fc2.com/tb.php/14-33eea1c9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

eboys

Author:eboys
日本にてWirelessおよびMedia関連のM&A業務を担当後、米国Silicon ValleyのVenture Capital FirmにてIT分野を担当。
現在は、日本に帰任、財務・会計部門に在籍中。
email: eboys.2005@gmail.com

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

リンク

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。