YES and .blog

Don't give up before you try it.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Mexicoで正月を迎える

明けましておめでとうございます。

本日よりMexico旅行スタート♪

1.メトロポリタン・カテドラル
ラテンアメリカ最大級の教会で、メキシコにある全ての教会を統括する施設。コルテス(スペイン)がメキシコ征服後、カトリック布教の主座として1563年に着工させ1681年に完成したもの。元旦且つ日曜日という事もあり、信仰を捧げる信者の姿も見られました。

メトロポリタン・カテドラル


2.三文化広場
三文化広場とは、アステカ時代のトラテロルコ遺跡、16世紀建造のサンディエゴ教会、現代の高層団地が建っている事から"三文化"と呼びます。実は、この高層団地に三大テノールの一人ドミンゴの叔母さんが住んでいたそうです。然し、1985年のメキシコ大地震で2棟が倒壊、その犠牲者となってしまったとの事。ドミンゴ自身もメキシコに住んだ事があり、そのためチャリティを開催、他アーティストとのコラボが世界的に有名となる切欠となったという。

3.グアダルーペ寺院
聖母マリアが、先住民のディエゴ少年の前に現れた事で建立された寺院。聖母マリアの絵画があり、黒い髪と褐色の肌を持つ異色の聖母だが、先代ローマ法王が、とても気に入っており、4年前に聖母と認定されたとの事。信仰熱心なメキシコ人からは圧倒的な支持を得ており、今日ももの凄い信者の数だった。

4.テオティワカン遺跡
メキシコ・シティから50km北にある遺跡。BC2世紀からAC4世紀まで繁栄した都市だが、その当時に人口20万人以上を擁していたというから驚きだ。かなり高い文化を有していた訳だが、例えば、都市計画には上下水道も含まれているし、「タルー・タブレロ方式」という建築方法により階層構造の建物を作っていたのも驚愕に値する。

最終的には、世界的な異常気象により自然衰退するのだが、滅亡後に現れたアステカ人は、荘厳なピラミッド群を神々が建てた都市と信じて、彼らの宇宙観「太陽と月の神話」の舞台として、、「月のピラミッド(高さ42m)」と「太陽のピラミッド(高さ65m)」と名付けたのも、納得出来る荘厳さだ。

そして、観光客は、頑張ってピラミッドに登る。

正直言って、かなり急斜面で怖かったぁ(ToT)

1)月のピラミッド


2)太陽のピラミッド
太陽のピラミッド


5.国立人類学博物館

昼食後は、博物館でお勉強。

人類学博物館


前述の通りテオティワカンは、高度な文化を持っていたが、数字、文字を持たない/見付かっていないのが不思議な所らしい。人口20万人以上を擁するので、食料の備蓄もしていたし、その後絶頂期を迎えるマヤ文明の人々(彼らは高度な数学、文字を有していた)とも交易を行っていたので、数字、文字を使っていても可笑しくない筈だが・・・

その後、マヤ文明は、北方からの流れて来たアステカ人に滅ぼされるのだが、まあアステカ人の野蛮な事。

アステカ時代の資料は、骸骨やら生贄グッズばかり(><)

Mexicoにガイコツグッズが多いのは、この辺りにも由来するらしいです。いやはや。

1)アステカカレンダー
実は、カレンダーの役割以上に、彼らの宇宙観「陰陽思想」を表現しています。

アステカカレンダー


そんなこんなで、2006年が始まった訳ですが、色々聞いてみると、Mexicoは、鉱物、石油が採れる資源国家であり、潜在的な国力は決して低くないとの事を知りました。

それでも、現状を打破出来ないのは、米国の中南米政策の影響が大きいとか。また、野党出身の現大統領の努力により景気は緩やかに回復しているが、実際には25%の富裕層と75%の貧民層という構造により国民の教育レベルが低く、完全に回復するまでには教育が一巡する20年位必要とか。

今までは、メキシコに目を向けた事が無かったけれど、実際に来てみて、メキシコの文化、歴史に触れてみると、とても大きな感銘を受けた正月でした。


あと情けない話だが、移動の車の中でうたた寝して寝違えた。イタイ…(苦笑)
スポンサーサイト
  1. 2006/01/01(日) 11:10:53|
  2. 米州旅行記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<Mexicoで三箇日を過ごす | ホーム | 書籍:「僕が六本木に会社をつくるまで」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://eboys.blog45.fc2.com/tb.php/1-63b73048
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

eboys

Author:eboys
日本にてWirelessおよびMedia関連のM&A業務を担当後、米国Silicon ValleyのVenture Capital FirmにてIT分野を担当。
現在は、日本に帰任、財務・会計部門に在籍中。
email: eboys.2005@gmail.com

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

リンク

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。