YES and .blog

Don't give up before you try it.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

書籍:「孫子」

書籍:「孫子」(★★☆)

コメント:
経営を論じる際、その国民性を理解する事が大事である。

例えば、日本でには、「苦難を全力を持って打ち破る」ことを美徳とする傾向がある。所謂、「武士道」である。
この様な文化は、「日本的な経営」の中でも、大きな特徴と言えるのではないだろうか。

一方、欧米の経営論は、ポジショニング戦略などに代表される様に、競合他社がいない領域を見つけ出し、最小のコストで最大のリターンを得る事を目的としており、「苦難を全力を持って打ち破る」というマインドは無い。

では、成長著しい中国は、どうであろうか?

結論としては、中国は、比較的欧米に近いといわれるが、そこには「孫子」の影響が色濃く残っているとの事。

そこで、本章を手にしてみた次第。
本書は、中国最古の兵書『孫子』13篇の全訳で、原文である漢文と、その読み下し文と、口語訳とを、各段ごとに対象しているので読み易かった。

孫子が興味深いのは、兵書でありながら好戦的なものではないということ。

・孫子曰く、兵とは国の大事なり、死生の地、存亡の道、察せざるべからざるなり。
・百戦百勝は善の善なるものに非ず、戦わずして人の兵を屈するは善の善なるものなり。
・兵は拙速(まずくとも素早くやる)なるを聞くも、未だ巧久(うまく長引く)なるを賭ざるなり。
・孫子曰く、凡そ用兵の法は、国を全うするを上と無し、国を破るはこれに次ぐ。

一方、兵術に関する記載もあるが、その立場は徹底的な現実主義という点が特徴である。
地形、用兵、諜報、財政、人心など記載内容は多岐に渡るが、個人の事情・感情は一切考慮されていない。

・兵とは詭道(正常な遣り方に反した仕業)なり。
・故に兵を形すの極は、無形に至る。則ち深間も伺うこと能わず、智者も謀ること能わず。

・故に善く戦う者は、これを勢に求めて人に責めず、故に能く人を択びて勢に任ぜしむ。
・彼れを知りて己れを知れば、勝 乃ち殆うからず。地を知りて天を知れば勝 乃ち全うすべし。

・主は怒りを以って師を興こすべからず。将は憤りを以って戦いを致すべからず。利に合えば而ち動き、利に合わざれば而ち止まる。怒りは復た喜ぶべく、憤りは復た悦ぶべきも、亡国は復た存すべからず、死者は復た生くべからず。

・夫れ地形は兵の助けなり。敵を料って勝を制し、険夷・遠近を計るは、上将の道なり。此れを知りて戦いを用なる者は必ず勝ち、此れを知らずして戦いを用なる者は必ず敗れる。
・国の師に貧なるは、遠師にして遠く輸せばなり。遠師にして遠く輸せば即ち百姓貧し。近師なるときは貴売すればなり。貴売すれば即ち百姓は財竭く。財竭くれば即ち兵役に急にして、力は中原に屈き用は家に虚しく、百姓の費、十に其の七を去る。

新訂 孫子 (岩波文庫)新訂 孫子 (岩波文庫)
(2000/04)
金谷 治

商品詳細を見る
スポンサーサイト
  1. 2010/06/18(金) 01:10:32|
  2. 書籍
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

書籍:「世界で戦うキャリアづくり―グローバルを知る外資系トップが語るリーダーの条件」

書籍:「世界で戦うキャリアづくり―グローバルを知る外資系トップが語るリーダーの条件」(★★☆)

コメント:
最近読んだのが本書籍。

著者の脇若氏は、早稲田大学卒業後、三井物産入社。ハーバード大にてMBAを取得。
36歳の時にBPオイル・インターナショナル(英国)に転職、その後BPジャパン(株)代表取締役社長に就任した人物。

なんとなくタイトルから書籍の内容が推測出来そうだが、読み易い一冊。
基本的には石油ビジネスを題材にしているが、ビジネス全般に通じる内容だと思う。

「原油トレードの基本は三つしかない。」
①モノのクオリティ(品質)のスワップ、②タイミング(時間)のスワップか、③ロケーション(場所)のスワップ、この組み合わせで取引するのだ。

「トレーディングの仕事には、四つの能力が必要である。」
①情報収集、②分析、③意思決定(決断)、④実行である。この四つのフローを意識するだけで、一つひとつの行動が、勘ではなく、情報に基づいたロジックで動けるようになる。

『売る』『買う』という決断以外にもうひとつ重要かつ、忘れがちな意思決定がある。
それは「Do Nothing(何もしない)」という決断である。

また、外資系企業で活躍された人物だけに、キャリアの作り方は興味深い。

例えば、キャリアアップの選択オプションは、大きく三つの要素(①会社、②勤務地、そして③仕事内容)から成る。
そして、コツは、三つを一気に変えないことである。

また、人生を12年周期で考える。
最初の12年間は、ちょうど義務教育の小学校までの時間であり、家庭の勉強、生活の基礎、人生の基礎を身に付ける。
そして次の中学以降の12年は、学校の勉強。いわゆる学問としての勉強を徹底して行う。
そして次の12年、おおよそ36歳くらいまでは、ビジネスの基礎を固める期間だ。この12年が、次の12年を開花させるために非常に重要になるのは言うまでもない。
36歳から48歳までは、身に付けた基礎を使って、本格的にビジネスに取り組み、成果を出す段階だ。ここで自分の進むべき報告はおおよそ見えてくるだろう。
そして、48歳から60歳までの間は、自分がやってきたことの完成度を上げていく時期だ。

2年で結果を出す「6・12・6の法則」
職場を移ると、最初の六ヶ月は、まずは仕事を覚える。そして次の十二ヶ月でそれをマスターする。この時に変える必要があるところは、どんどん変えていく。そして、最後の六ヶ月で仕上げていくのである。

世界で戦うキャリアづくり―グローバルを知る外資系トップが語るリーダーの条件世界で戦うキャリアづくり―グローバルを知る外資系トップが語るリーダーの条件
(2008/11/14)
脇若 英治

商品詳細を見る



  1. 2010/06/05(土) 20:37:56|
  2. 書籍
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

プロフィール

eboys

Author:eboys
日本にてWirelessおよびMedia関連のM&A業務を担当後、米国Silicon ValleyのVenture Capital FirmにてIT分野を担当。
現在は、日本に帰任、財務・会計部門に在籍中。
email: eboys.2005@gmail.com

カレンダー

05 | 2010/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

リンク

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。