YES and .blog

Don't give up before you try it.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

危機の中で明日を拓く CFO“新論”

日経ビジネスオンラインにて、新貝康司氏(現JT International・CFO)が理想のCFO、そして理想のリーダー論を寄稿しており、連載のため通して読むと重複する部分もあるが、非常に有益な内容だと思う。(こちら

同氏が、財務部門出身者ではないCFOであることがポイント。囲碁の世界の「傍目八目(当事者よりも第三者の方が、より深い洞察をすることが、時に可能になる)」という言葉で表現している。

私が、印象に残った文脈を以下に記載する。

CFOが果たす役割は何か、CFOが備えるべき資質とは何かについて、変化の激しい時代だからこそ、再考する価値があるのではないでしょうか。

CFOは、経営者です。
CFOは、CEO(最高経営責任者)の財務面でのブレーンです。
CFOは、財務機能のリーダーです。
CFOは、資本市場や金融市場への大使です。
こういった複数の顔そのものが、CFOはAccounting、Treasury、Tax等のエキスパートの単なる延長線上には位置付けることが出来ないといったことを雄弁に物語っています。

「自らの将来を自らで切り拓きたい」
経営の一翼を担う者として、会社の10年先を見据えて今を生きます。そのためには、独立自尊の危害を持ち続けることが必要だと考えました。

2002年に出版された「リスクに挑む」には大変啓発されました。前向き、積極的(Positive)にリターンを追及する機会を捉える姿勢と、その際、取るべきリスクと、取ってはいけないリスクを峻別することの重要性を学びました。

(今回の金融危機に関しても)どういう訳か、人は右肩上がり相場が永遠に続くかのような錯覚に陥ります。そして、それを正当化するための理屈を発明するのです。

「1999年3月、JTはRJRInternational社(RJRI)を約9,400億円で買収」
自身で事業を成功に導くコアコンピタンス(価値を生み出す中核となる競争力)や事業のMomentum(勢い)を持たずして、M&Aを実行しても、1+1が単に2になるだけ、いや下手をすると2未満にすらなってしまします。M&Aは、時間を買うために実行するのです。しかし、時間を買うつもりが、時間を浪費しかねないリスクを伴っているのです。

M&A成功の要諦は統合です。
そして必要とされる交渉スタイルはWin-Win型の交渉スタイル、いわば交渉を経て互いが戦友になるのです。また、M&Aは究極の経験者採用です。

「財務機能全体として果たすべき役割に就いて」
自分がもしCFOだったらどうするかという視点から考えてみたのです。
その結果、4つの役割が見えて来ました。

1)経営トップのスタッフと捉えた場合、経営が必要とする投資資金を如何に確保するかを考える。
2)事業のビジネスパートナーと捉えた場合、経営管理面から事業に働きかけ、どのようにその利益やキャッシュフローを増大させてもらうかを考える。
3)自ら価値を創造する存在と捉えた場合、資金管理、為替管理、税務等と通じ、全社の財務関連業務の効率化を実現する。
4)外部とのコミュニケーション機能を担う部署と捉えた場合、しっかりとした内部統制の下、タイムリーな開示を行なう。

そして、これらを支えるために、個々人の能力、組織としての能力を高めなければならないことは言うまでもありません。

また、いくら旗を振っても、各人が自らの課題に当事者意識を持ってもらえねば、変革を成し遂げることは出来ません。これまでの経験で「私企画する人、あなた実行する人」といった業務分担が、人の当事者意識を希薄にし、モチベーションを阻害する例を何回となく見てきました。

ある種、危機的状況の中にあっても、人には夢や希望が必要です。人、そして組織は、耐えるだけでは急場はしのげても、元気は出ません。トンネルの向こうに光が見えることが必要なのです。

「信認とは」
収益性は目標を達成したのに株価は低迷したままの時期がありました。
信認とは、他者からのパーセプションなのです。会社に対する人々のパーセプションが変わるには時間を用紙、かつ、受けてから見た情報量がある閾値を超えねばならないということは重要な教訓でした。金融市場、株式市場への大使としての役割を果たさせねばならないCFOは、このことを理解しておく必要があります。

「コミュニケーションについて」
コミュニケーションに関わる問題は、協同する意思と元気を萎えさせていたのです。それまでの経験から、ITを手段とするコミュニケーションが効果を発揮するには、その前段でFace-toFaceで、しっかりとした人間関係を先ず構築することが必要であると考えていました。
また、「会話」と「対話」の違いを紹介しましょう。

「会話」は、分かり合える人がわかり合える文化を背景として行なうコミュニケーションです。但し、分かり合えなそうもないと思うと相手を排除する傾向があります。

一方、「対話」は、互いに異なる価値観の人達の間で、異文化を説明し合うためのコミュニケーションです。異なる価値観、異文化を説明しあう「対話」が重要になってきているのです。
スポンサーサイト
  1. 2009/09/15(火) 00:49:18|
  2. 書籍
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

書籍:「LTCM伝説―怪物ヘッジファンドの栄光と挫折」

書籍:「LTCM伝説―怪物ヘッジファンドの栄光と挫折」(★★☆)

コメント:
大学時代にLTCMを研究していた友人に紹介された書籍。
本書籍は、金融工学の歴史とLTCM(ロングターム・キャピタル・マネージメント)という伝説的なヘッジファンドに焦点を当てた内容になっている。

前半は、大学で習った物理学の定理等が並び懐かしくも感じたが、後半は一生懸命読まないと、なかなか読み進まないのが厳しいところ。正直、ヘッジ取引を文章で理解するのには限界があると思った(苦笑)

尚、本書籍でも、ゴールドマン・サックス、リーマン・ブラザーズ、ベア・スターンズ、AIUなど、2008年の世界同時不況でも主役を演じた企業が名前を連ねる。結局のところ、金融業界は、10年に1度くらいの周期でゲームの掛け金を清算しているのだと思った。

ポイントになるのは、「科学はすべて仮定から始まる」ということ。
ブラック、ショールズ、マートンの理論に於ける仮定とは、市場は「連続的(24時間)」で「摩擦(コスト)がない」、更に「対象資産は、ランダムウォークを辿る」である。

しかし、実際には「ランダムウォーク」には「ジャンプ拡散」という仮定には含めない異常値が出現する。この異常値を、どのように捉えるが非常に重要になるという事。

私自身が、2008年の世界同時不況も踏まえて唯一分かる事は、「想定外の事象は必ず生じる」という事、そして、「早急に『流動性』を確保する、つまり「流動資産(Cash)」を取りに行く」という事であり、常日頃から、その準備に励むという事なのだと思う。

また、1999年LTCM清算後に、ジョン・メリウェザーが設立した新たなヘッジファンド「JWMパートナーズ」のレバレッジ率が10対1となっていることは非常に興味深い。(Wikipedia参照)

尚、参考までに登場人物を、以下の通り時系列で記載しておく。

ダニエル・ベルヌーイ:物理学者、容器の中の気体は無数のごく小さい分子で出来ていて、容器の壁や他の分子と絶えずぶつかり合っているという説。
ロバート・ブラウン:1828年、植物学者、ブラウン運動
ジェームズ・クラーク・マックスウェル:1860年代、気体は平衡状態の状態にある
アンリ・ポアンカレ:フランス人、数学者、物理学者
ルイ・バチャリエ:ボアンカレの教え子、1900年、ブラウン運動の持つ数学性、パリ株式市場、ボアンカレから勘当、人間行動の数学モデル
アルバート・アインシュタイン:1905年、微粒子のランダム・ウォーク、正規分布

ハリー・マーコウィッツ:1952年、シカゴ大学、相関関係とポートフォリオ(リスク分散)とういうアイディア、効率的ポートフォリオ、ノーベル賞
ウィリアム・シャープ:マーコウィッツの教え子、資本資産評価モデル(CAPM)を示す。
マートン・ミラー:シカゴ大学教職、CAPM、裁定、「一物一価」を強制する仕組み
フランコ・モディリアーニ:経済学者、CAPM、モディリアーニ-ミラー理論、企業の価値は、その企業の株式と社債の構成とは関係ない、ノーベル賞
ユージン・ファーマ:1965年、株式市場価格のランダム・ウォーク、シカゴ大学教職
ポール・サミュエルソン:MIT、バチャリエを金融世界に引き戻す、株主は有限責任である為、株価はマイナスになり得ない。リターンがランダムウォークをたどるという理論、ケネディ政権で経済政策顧問
ロバート・C・マートン:1944年生、コロンビア大学、エンジニアリング専攻、カリフォルニア工科大学、MIT、数学に秀でた人物が必要としていたサミュエルソンと出会う。ブラウン運動と正規分布と標準偏差、伊藤の定理、ハーバード大学、メリウェザーによりソロモン・ブラザーズ特別顧問、1992年特別顧問辞任、1993年LTCMに参画、1997年ノーベル賞、1998年LTCM破綻、1999年6月LTCM退職
マイロン・ショールズ:カナダ、シカゴ大学、MIT、シカゴ大学の教授マートン・ミラー、店頭オプション、オプションおよび企業債務の評価、オプションには恐怖心(リスク)と貪欲(裁定)というふたつの面がある、シカゴ大学、メリウェザーによりソロモン・ブラザーズ特別顧問、1993年LTCMに参画、1997年ノーベル賞、1998年LTCM破綻、1999年1月LTCM退職、スタンフォード大学教授、2008年、新たに自身が設立したヘッジファンド(プラチナム・グローブ・コンティンジェント・マスター・ファンド)が破綻

ジャック・トレイナー:アーサー・D・リトル、ビル・シャープとは別にCAPM(資本資産評価モデル)を発見
フィッシャー・ブラック:ワラント、1969年、ブラック-ショールズ式のオプション価格算出法、シカゴ大学教職、1984年学会を去る、ゴールドマン・サックス・教授とは研究をするために給料が支払われるのではなく、学生に教えることで給料を貰うという目的をはっきりさせるべきだ、1995年死去

ジョン・メリウェザー①:1947年生、ノースウェスタン大学、シカゴ大学MBA、ジョン・コーザインはクラスメイト、ソロモン・ブラザーズ入社、債権、

リチャード・サンダー:バークレー校、シカゴ大客員教授、CBOTチーフエコノミスト

リチャード・ファインマン:物理学者、カリフォルニア工科大学教職、量子電気力学、サム・オーバー・パス、ノーベル賞、原子爆弾
ステファン・ロス:カリフォルニア工科大学、ゲーム理論、ハーバード大学、ウォートン・スクール教職、CAPMのライバルとなる裁定価格理論(APT)を考案、需給ではなく、スプレッドがリスクとリターンの関係を決める
ジョン・コックス:ウォートン・スクール博士
マーク・ルビンシュタイン:バークレイ校教授、ロス・コックスと研究、ツリー・ダイアグラム(二項モデル)、ヘイン・リーランド、ポートフォリオ保険、LOR、デルタ・ヘッジ、1987年、ブラック・マンデー、市場が動揺、大惨事

ジョン・メリウェザー②:ソロモン・ブラザーズの中にLTCMの前身を構築、ポーロ・モーザのスキャンダルを切欠にソロモン・ブラザーズ会長ガットフレンドとシュトラウスが解任、最大株主であるウォーレン・バフェットが会長職に就任したことにより、メリウェザーは辞任、1992年ヘッジファンドLTCM設立、LTCMは、損切りルールが無い為、一旦ポジションを取ったら短期でクローズすることはないことが名前の由来、メリルリンチが販売、ベア・スターンズがバックオフィスのアウトソースを引き受ける、1994年当時異なるマネーマシーンが相互にどう影響し合うかは十分考慮されていなかったのではないか、1997年当面必要のない資本を返却し自己資本47億7千万ドルに最大27.7倍のレバレッジ(借入金)とオフ・バランス1兆2500億ドルという逆ピラピッドの資金を運用していた、1998年ソロモン・ブラザーズがシティバンクと合併、ロシア危機、大手投資銀行がレバレッジから資本を非難させる為にポジションを縮小、大手投資銀行がロシアだけでなく全てのポジションを縮小、LTCMは取引維持のための証拠金増額要求と自己資本の毀損に見舞われる、増資(⇒資金調達不調)かポジションの縮小(⇒損失の拡大)が必要、1998年LTCM破綻、1999年FRBの指示によりLTCMに資金を提供していた15銀行が、LTCMに最低限の資金を融通し、当面の取引を執行させて緩やかに解体を行い、同年度中に90%以上を完済

ラリー・ヒリブランド:ソロモン・ブラザーズ、メリウェザーの部下、1993年LTCMに参画
エリック・ローゼンフェルド:MIT、マートン教授の弟子、1980年、株価のストキャスティック・プロセス、ミッチー・ケイパー、瞑想、ロータス、ハーバード大学、ボブ・マートン(MIT教授)、ソロモン・ブラザーズ、メリウェザーの部下、1993年LTCMに参画、
グレッグ・ホーキンス:バークレー校、ソロモン・ブラザーズ、メリウェザーの部下、1993年LTCMに参画、1998年LTCM破綻、1999年7月LTCM退職
ビル・クラスカー:ハーバード大学、ソロモン・ブラザーズ、メリウェザーの部下、LTCM、1998年LTCM破綻、1999年1月LTCM退職
ビクター・ハガニー:ソロモン・ブラザーズ、東京、メリウェザーの部下、1993年LTCMに参画、イタリア
サマン・マッジ:イェ-ル大学、ソロモン・ブラザーズ、メリウェザーの部下、ドイツ銀行
ポーロ・モーザ:ソロモン・ブラザーズ、メリウェザーの部下、スキャンダル
ディック・レーヒー:ソロモン・ブラザーズ、メリウェザーの部下、1993年LTCMに参画

ジェームズ・マッケンティー:メリウェザーの友人、1993年LTCMに参画、1999年7月LTCM退職
チー・フー・ファン:MIT、ジョン・コックス、ゴールドマン・サックス、LTCM参画、1999年7月LTCM退職
デビッド・モデスト:MIT、バークレー校、ソロモン・ブラザーズ、LTCM参画、1999年7月LTCM退職
デビット・W・マリンズ・ジュニア:イェール大学、MIT、ハーバード大学、1990年FRB副議長、LTCM参画、1999年7月LTCM退職

マティス・キャビエラベッタ:UBS最高責任者、LTCMと戦略的提携
ラミー・ゴールドシュタイン:イェ-ル大学、ステファン・ロス、ファースト・ボストン、UBS、1997年UBS解雇

LTCM伝説―怪物ヘッジファンドの栄光と挫折LTCM伝説―怪物ヘッジファンドの栄光と挫折
(2001/02)
ニコラス ダンバー

商品詳細を見る
  1. 2009/09/06(日) 19:29:03|
  2. 書籍
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

eboys

Author:eboys
日本にてWirelessおよびMedia関連のM&A業務を担当後、米国Silicon ValleyのVenture Capital FirmにてIT分野を担当。
現在は、日本に帰任、財務・会計部門に在籍中。
email: eboys.2005@gmail.com

カレンダー

08 | 2009/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

リンク

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。