YES and .blog

Don't give up before you try it.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

DVD:「エンロン 巨大企業はいかにして崩壊したのか?」

映画:「エンロン 巨大企業はいかにして崩壊したのか?」(★★☆)

コメント:
2001年に破綻した企業「エンロン」の巨額の不正経理・不正取引を題材にした作品。

エンロンは、総合エネルギー取引とITビジネスを手掛けていた全米有数の大企業であったが、その破綻は、大手会計事務所も巻き込んだ一大スキャンダルとなった。

2006年、在米国投資会社に勤務していた時に友人が紹介してくれた作品で、アカデミー賞ドキュメンタリー部門にもノミネートされている。今般、財務会計を学んでいくにあたり、米国会計基準に大きな影響を与えた事件だったことを再認識したため鑑賞してみた次第。

日本のライブドア事件同様、会計処理を巧みに操った事件だけに、内容は若干難しいが、元社員の証言、内部資料として残されたビデオ映像や音声テープ等が臨場感溢れる内容に仕上げている。実際に、ケン・レイ(元会長)、ジェフ・スキリング(元CEO)、アンディ・ファストウ元CFOが登場するのも凄い。

エンロンの問題自体に対する評論は、その切り口によって変わると思う。
個人的には、市場バイアスの存在が、非常に興味深かった。

結果だけを見て、「拝金主義」「倫理感の欠如」と批評することは簡単であるが、誰も最初から破滅/不正を目指していた訳ではないだろう。誰もが「新たな価値創造」に期待し、その期待が熱狂となり上昇気流を生み出した。

しかし、何らかの力により、何時からか、徐々に破滅に向かい始める。

サブプライム問題にしても、根本的な問題は同じだ。

銀行は金利、株主は株価、経営者は収益、従業員は給料を追求する限り、いつかは誰かが損をする仕組みになっている。可哀想だけど、弱者と定義される人達でさえ、その仕組みにBetしたのなら責任があると考えている。

エンロンは、「Ask why」という標語を掲げていた。(トヨタと似ている)
まさにその通りだと思うが、それでも破滅した。

映画の中では、「船長が船長でなくなる日」という表現が使われていたが、企業には様々な慣性の力が働いているから、直ぐには転舵出来ないのが現実なのだと思う。

そう言えば、私が、まだ米国に居た頃、同僚が不動産部隊の人間に「雑誌などで、土地価格の暴落が懸念されているが大丈夫なのか?」と質問していた。日本で、その問題が一般的に議論されるより、大分早かったと思う。

しかし、不動産部隊の人間は、「トレンドとしては記事の通りだと思うが、我々の戦略は×××で、それとは異なるから大丈夫だ」と答えていた。その時は、漠然と「そんなものか」と思った事を記憶しているが、その後暫くして大打撃を食らった。

しかし、残念ながら時間を巻き戻せたとしても、結果は同じだったと思う。

一方、将来に目を向けてみると、現在の環境関連分野は同じ様な印象を受ける。

例えば、当初Smart Gridの話を聞いた時は、カリフォルニア州の様に、電力自由化によるインフラの脆弱性を要因とした停電を避ける事を目的としていたと思う。しかし、本映画の通り、その停電が人為的な要因が含まれているとするならば、前提条件が大きく異なる。

確かに、電気自動車の監視等に利用する事も、その目的としては理解出来るが、目的が捻じ曲げられて来ているのではないかと疑念を抱く。

決して否定をしている訳では無く、Smart Gridは本当に必要なのか、改めて問い直してみるのも価値があるのではないだろうか。

最後に、映画の中で触れられていた教訓を以下に記しておく。

人生を振り返り「失敗した」と認めるのは苦しい
でも、自分を冷静に見つめ自問しなくては
本当の自分は?
今の自分は?
もしかして幻影を追っていたのかもしれない

エンロン 巨大企業はいかにして崩壊したのか? デラックス版 [DVD]エンロン 巨大企業はいかにして崩壊したのか? デラックス版 [DVD]
(2007/05/25)
元エンロン社員:ケン・レイ(元CEO) ジェフ・スキリング(元CEO) アンディ・ファストウ(元CFO)

商品詳細を見る
スポンサーサイト
  1. 2009/08/14(金) 09:19:38|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Sequoia Juices Up eMeter With $32M

少し前の記事であるが、Smart grid関連VBであるeMeter(http://www.emeter.com)が、一流Venture Capital(VC)であるSequoia Capitalと既存投資家Foundation CapitalからUSD32.0milの資金調達を完了した。(こちら

Smart gridとは、電力会社が遠隔操作により消費者のエネルギー使用量と料金の最適化を実現するデジタル技術であり、基本的には、パソコンやルーターによりインターネットを介してデータの送受信出来る様に、エネルギー使用量を取り扱う事が出来る。

また、太陽光発電や風力発電のような不安定なエネルギー源にも利用する事が出来る。

現在、Smart Gridは投資家にとってHotな分野だ。
直近10ヶ月間ではSilver Spring Networks(USD72.0mil), Gridpoint(USD120.0mil), Trilliant(USD40.0mil)などが増資に成功している。

eMeterは、1998年創業、世界規模で24milのsmart meterを運用しており、過去にUSD25.0milを調達していた。

Sequoia CapitalのGeneral PartnerであるJim Goetz氏曰く、「Sequoia Capitalは、Smart grid分野の投資案件と時期を模索していたが、eMeterが、その案件だった」との事。

特筆すべきは、前述のSilver Spring Network(SSN)の取締役であるWarren Weiss氏(Foundation Capital)が、eMeterの取締役を兼務している事だろう。SSNは、Sequoia Capitalと双璧をなす一流VCのKleiner Perkins Caufield & Byers(KPCB)とFoundation Capitalから資金調達している。

両社は、カテゴリー的に競合企業のように見えるのだが、企業概要を読む限りeMeterは既存システムの拡張を実現するとの記載があるのでシステム企業、一方SSNはネットワーク装置企業という整理なのだろうか。

以前にSSNのデモを見た限りでは同じに思えるのだが。。。
  1. 2009/08/08(土) 22:17:02|
  2. IT関連
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

書籍:「ビジネスに活かすファイナンス理論入門」

書籍:「ビジネスに活かすファイナンス理論入門」(★★★)

コメント:
アマゾンのレビューで「読みずらい」という評価があったが、私の第一印象も同様だった。
しかし、最近ファイナンスについて勉強し直している事もあり、改めて読んでみると意外と纏まっていることに気が付いた。

本書籍の書き出しにある「『ビジネスマンがどこまで(ファイナンスを)知っていればよいか』は自明ではない。『重要なのは基本的な考え方。細かいことはざっとした意味を知っていればよい』という姿勢でファイナンスのエッセンスを紹介したい。」との記述の通り、細かい数式の解説などを省いた事により、ある程度の知識が無いと読みづらいのかもしれない。

尚、本書籍は、「ファイナンス理論の基本的な結論の一つは、『株式投資で確実に儲ける方法は存在しない』である。ファイナンス理論のエキスパートになれば、有名にはなれるかもしれないが、金持ちにはなれない」としている。

では、何のためにファイナンス理論を学ぶのか。
それは、「リスクを全体として把握する」「回避出来るリスクと出来ないリスクを区別する」「騙されないため」との事。

1.モジリアニ・ミラーの理論
A(企業価値)=D(借入の現在価値)+E(株主にとっての現在価値)

2.分散投資の原理
シェイクスピアの「ヴェニスの商人」の主人公アントニオは、「僕の投資は、一つの船に集中している訳ではない。取引先も一ヶ所ではない。全財産が飽きないの運不運に左右される訳ではない。だから、船荷の事で悲しい思いをすることはない」

3.先物やオプションでリスクを回避する
先物の場合には、契約したとおりの取引を実行しなければならない。しかし、オプションの場合には実行しなくてもよい。つまり、先物取引が義務を契約しているのに対して、オプションは「権利」の取引なのである。(但し、オプションを提供した側は、契約を履行する義務を負っている)
この意味で、オプションは経済的な権利を有しているため"資産"(金融派生商品)となるのである。

4.市場を出し抜けるか?
将来の株価は、現時点ではピンポイントに確定出来ない。
1)ランダム・ウォークとマルチンゲール性:過去の値は、将来を予測するために何の役にも立たない。
2)プロの分析に価値があるとはいえない:殆どの場合、市場全体のパフォーマンスの方が、投資信託のパフォーマンスよりも良い。

5.フィッシャーの方程式
名目金利=実質金利+期待インフレ率
インフレターゲット論の支持者は、「デフレによって実質金利(名目値で決められている債務の実質負担)が上昇するのが問題である。一方、名目金利は固定なのだから、期待インフレ率を上昇させて実質金利を下げるべきだ」と考えているようであるが、これは誤りである。
正しくは、実質金利は経済の実物的要因によって規定されており、、期待インフレ率の変化は名目金利を動かすだけであると考えるべきである。

ビジネスに活かすファイナンス理論入門 ここまでは知っておきたい基本ビジネスに活かすファイナンス理論入門 ここまでは知っておきたい基本
(2004/02/27)
野口悠紀雄

商品詳細を見る
  1. 2009/08/02(日) 21:38:26|
  2. 書籍
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

eboys

Author:eboys
日本にてWirelessおよびMedia関連のM&A業務を担当後、米国Silicon ValleyのVenture Capital FirmにてIT分野を担当。
現在は、日本に帰任、財務・会計部門に在籍中。
email: eboys.2005@gmail.com

カレンダー

07 | 2009/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

リンク

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。