YES and .blog

Don't give up before you try it.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

書籍:「リスクに挑む」

書籍:「リスクに挑む―市場経済で生き残る攻撃的財務論」(★★★)

コメント:
知人に紹介された福間年勝氏(三井物産・元副社長)の著書(2002年発行)。

Nothing ventured, nothing gained

著者は、本書に於いて、自分の目で現実を直視し、リスクに正面から挑む。危険なように見えるかも知れないが、それが一番、簡単で確実な道ではないだろうか。本書が、不確実さを増す世界で、リスクに挑戦していくための参考になれば、と記している。

著者中心の構成になっており、「おれが、おれが」的なArrogantな印象を若干受けたので、もう少し失敗談や関係者に関する記述があるれば、より良かった様に思うが、2009年現在から見ても面白い内容だった。

先ず、厳しいマーケットで生き残る人間の条件について触れている。
一にも、二にも、三にも、勉強である。トレンドを読む相場観、先見性を養うには、不断の勉強しかない。
それも単に為替や金利などといった金融商品の知識だけでなく、あらゆることに関心を持ち、先見性を持つことが大切である。そして、四に「大胆さと臆病さ」である。五に自己抑制力。六に健康。そして最後に幸運である。

●失敗こそ最良・最善の教科書
人間は失敗から学ぶ。楽をして学んだことは忘れてしまいがちだ。しかし、失敗から学んだことは忘れない。儲かった話というのは、いくら聞いてもなかなか身に付かない。そして、失敗は「気迫」を生んでくれる。大体、「相場の天才」を生むようになったら気を付けた方が良い。天才などという者は相場にはいない。

自戒を込めて言えば、マーケットでは自己否定から入らないと勝てない。それまで自分が成功した過去の相場観に基づく思い込みが損失を拡大し、最終的には命取りになる。相場というのは勝敗の問題であって、哲学の問題ではない。円高、円安、どちらが論理的に正しいのか。どちらが正義かという問題ではない。市場経済では、「見たくないもの見る」「聞きたくないことを聞く」「やりたくないことをやる」ことが必要になる。

パニックのときこそ、パニックになってはいけない。マーケットで取引していればわかるが、パニックになると、どうしても高値買い、安値売りをしてしまうものなのである。ビジネスの場合も同様で、せっかく育てたチャンスを殺してしまう。誰もが買いたくないときに買い、投資したくないときに投資するのが市場経済で生き残る経営のあり方なのである。

また、組織は同じ過ちを繰り返す事が多い。それを防ぐには、失敗の経験、成功の体験を、個人を通して伝承するのではなく、ルールやマニュアルに落とし込んで、組織に記憶させる必要がある。個人を媒介にしていたのでは、その人がいなくなれば、知恵もノウハウも経験も消えてしまう。

●歴史に学び、歴史にこだわらない。
シナリオを考える。あるいは、十年後を見通す上で参考になるものは何か。それは歴史である。銀行の破綻にしても、歴史的に見て三つに集約されると思う。国際化、不動産、証券である。

●リスクへの対応策
先ず、大事なのは、リスクを"因数分解"して、なるべく単純化することだ。複数のリスクの対応策を一緒に考えない。そして、キャッシュフローの拡大、有利子負債の削減を進め、自己資本を拡充していくという不断の努力が必要になる。それが、今後10年のリスクから身を守ることになる。

「P(Price)マイナスC(Cost)」でキャッシュフローの拡大を図る。
これも当たり前の様に聞こえるかも知れないが、ここで重要なのは「Pはマーケットが決める」ということである。とりわけ日本の企業の間には、価格決定権は自分たちが持っているという意識が強かった。ところがグローバルマーケットの時代になると、唯我独尊は通用しない。一方、Costに関しては、究極は「持たざる経営」、所謂バイ・アンド・トレードが基本となる。

●ビジネスでは、「互恵の精神(英語で言う「reciprocity」)」が重要である。
いつ関係を断ち切られるのか、分からないような相手とは安心して仕事が出来ない。互恵の関係で、共存共栄が図れるような、信頼出来るパートナーがビジネスでは重要なのだ。

リスクに挑む―市場経済で生き残る攻撃的財務論リスクに挑む―市場経済で生き残る攻撃的財務論
(2002/06)
福間 年勝

商品詳細を見る
スポンサーサイト
  1. 2009/06/23(火) 22:12:32|
  2. 書籍
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

書籍:「松明(たいまつ)は自分の手で」

書籍:「松明(たいまつ)は自分の手で」(★★★)

コメント:
怒られるかも知れないけど、最近心躍る様な体験談を伺う機会が無くなった気がする。

だから、時間を見付けては、カリスマ経営者と呼ばれる人物に関する書籍を好んで読んでいる。
「その時、何が起こって」「何を考え」「何を実行した/しなかった」「結果、どうなったのか」のかをリアルに感じられる事が楽しい。

本書籍では、昭和24年に本田宗一郎氏と出会い、まさに「ホンダと共に25年」、一介の町工場を世界企業へと躍進させた藤沢武夫氏が経営に就いて語っている。1974年に出版され絶版になっていたが復刊された。

尚、私が興味を持った件は、下記の通り。
特に、最後の挨拶文は、これほど簡素で情の深い言葉があるだろうかと思う。

中国文学の吉川幸次郎先生が「経営の経の字はタテ糸だ」と書いておられるんですが、大変上手い事を言われる。布を織るとき、タテ糸は動かさずに、ずっと通っている。営の字の方は、さしずめヨコ糸でしょう。タテ糸が真っ直ぐ通っていて、初めてヨコ糸は自由自在に動く訳ですね。一本の太い筋は通っていて、しかも状況に応じて自在に動ける、これが経営であると思うわけですよ。

私は「欧州はだめだ。アメリカに行け」と主張したんです。アメリカこそホンダの夢を実現できる主戦場だというのが、私のかねての考えです。世界の消費経済はアメリカから起こっている。アメリカに需要を起こす事が出来れば、その商品は将来がある。アメリカで駄目な商品は、国際商品に成り得ないという信念を、私は持っていたんです。

しかし、輸出というのは、やはり国内がしっかりしていないといけませんね。もし不安が残るまま輸出に出したら、あんなに金を注ぎ込むことも出来なかったし、現地も動揺して、その後の成功は望めなかったでしょう。

ぱったり売れ行きが落ちてきた。考えあぐねた末、はっと気付いたんです。そうだ、我々は自分にいいと思ったことを、お客さまに押し付け過ぎていたのではないか。売れているのだから、それで行けばいいという研究の怠慢と、流れ作業の中で仕事がしやすいという事だけで製品計画を立てて来た工場の油断。しかも、営業も無条件で売れ続けると安易に思っていたんです。

禍を福に転ずる事が出来るかどうかは、経営者が仕事の根本にかえって問題を考え、大胆に行動しうるかどうかに掛かっていると思いますね。

合理主義であって初めて事業が急上昇出来た訳です。けれども、合理主義では割り切れない仕事をやるのが、私の役目だったですね。労働問題もそうですが、直感的解決を見出す判断は私のものです。

赤穂浪士の作品の中で、大石内蔵助が「首を取るとかとらぬとかは問題ではない。要は二年間なら二年間というもの、情熱が冷めないということが大切なのだ」という意味のことを言います。この情熱の維持という事が、経営の仕事であると思うし、経営の義務があると思うんです。

十年先は分からなくて当たり前。それ程、近代産業の進み方、速度、波、そういったものは激しい。

我々が知らなければならない事は、我々の置かれている位置が、我々の進んでいる方向が正しいか正しくないか、という事を知るのが、一番大事である。だから、いま現在、繁栄しているかどうかという事は、それは二番目になってしかるべきである。

我々は、やたらに誰かが言ったからといって、自分の心の底から納得しなければ、桑の根っこは抜くべきではない。再び絹が不足したとしても、桑の根っこを、引っこ抜いしまった後で、もう蚕は飼えない。

鎖国か開国かの分かれ道が、それからの日本民族の在り方に、どのようなものとなったかは、いまもって続いている。「情の世界の美しさ」だけでは、世界に伍しては行かれない。

退陣するあたり、よく信じ、よくやっていただいた従業員の皆様に心からお礼を申し上げたい。
ありがとう。重ねて、ありがとう。

松明(たいまつ)は自分の手で松明(たいまつ)は自分の手で
(2009/03/24)
藤沢 武夫

商品詳細を見る
  1. 2009/06/15(月) 02:00:00|
  2. 書籍
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ゲーム業界は「モーションコントローラ戦争」の時代へ

CNET Japanに、「Electronic Entertainment Expo(E3)」に関する記事が掲載された。(こちら

本記事では、ソニー、マイクロソフト、任天堂のゲーム業界大手3社は、ユーザーがより直感的にゲームをプレイ出来るための開発競争に突入した事を報じている。

この開発競争は、コントローラー開発の事であり、これにより従来自分達をゲーマーとは思っていなかった大多数の消費者を取り込む事を狙っているとの事。

コントローラーに関しては、任天堂が「Wii」に於いて、「Wiiリモコン」という革新的なコントロール技術(モーションコントローラー)によって多大な支持を得た。

更に、任天堂は、「Wiiモーションプラス」と呼ばれるWiiリモコンの周辺機器をリリースしている。

Wiiリモコンは、内臓されている3軸加速度センサーにより、振った方向を検出でき、また重力を検出することによって傾きも割り出すことが出来る。しかし、これはあくまで静止時やゆっくり動かした時の話で、大きく素早く動かしている時、連続して大きく複雑に動かすような動作をした時は、重力の検出が難しくなるため、傾きの割り出しが困難になるという問題点があった。

そこで、この問題を解決するために登場したのが「Wiiモーションプラス」である。
このWiiモーションプラスには、物体の角度や回転速度(角速度)を正確に検出するジャイロセンサが内蔵されている。初期位置(水平位置)からどれだけ回転したのかを検出するジャイロセンサは、大きく素早く動かした時であっても傾きを正確に捉えることができる。(Wikipedia参照)

私の記憶が正しければ、この「Wiiモーションプラス」には、米InvenSense社の多軸MEMSジャイロセンサーが採用された筈である。(こちら

米InvenSense社のSteve Nasiri氏(CEO)とは、米国時代に何度かお会いした事があり、非常に懐かしく思う次第。

同氏は、センサー開発のエキスパートであり、主に重機向けセンサーの開発で成功している人物であるが、今回は消費者向けセンサーの開発であり、新たな挑戦だと言っていた事を思い出す。

そして、この消費者向け製品の生命線を担っているのが、MEMS(Micro Electro Mechanical Systems)と呼ばれる微細加工技術であった。

同氏は、MEMSのエキスパートでもあり、従来の加速度センサー、角速度センサーが、素子として水晶結晶を利用しているのに対して、MEMSという機械的なアプローチによってセンサーを完成させる事も新たな挑戦だと言っていた。

この微細加工技術は、感度と歩留まりの問題があったものの、サイズを小さく出来る(=コストを抑えられる)というのが最大の特徴である。

私見としてビジネス面を鑑みると、市場に広く流通しているWiiのコントローラー向け製品とは言えど、外付けのデバイスでは、出荷量を何処まで確保出来るのかは疑問が残るところであり、最終的には、携帯電話端末の様なMass Productに繋げられるかが、大きな成功の鍵になるのだと考える。
尚、デジタルカメラ等では、同社製品の採用が始まっている。

この多軸MEMSジャイロセンサーは、拡張現実(AR)の様な次世代アプリケーションには必須の技術であるが、一方で携帯電話端末価格の高騰化が懸念される中で、本当に普及度が上がって行くのかは注目したい所である。
  1. 2009/06/10(水) 01:23:07|
  2. IT関連
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

書籍:「アイデアのつくり方」

書籍:「アイデアのつくり方」(★★☆)

コメント:
異動後、纏まった時間が取れないのが辛い所であるが、新規事業を担当していた際に購入した書籍。

1940年頃に原著(初版)が出版された広告に関する書籍。
著者のジェームス・W・ヤング氏は、「アイデアこそが、広告に精神と生命を吹きこむ」と考え、本書籍に於いて、アイデアづくりの手法を単純明快(70頁)に纏めている。

内容自体は、よく纏まっているとも言えるし、目新しい事が記載されている訳では無いとも言える為、その評価は分かれるところ。

まあ、当たり前の事を、当たり前に遂行する事が如何に難しいかという事なのだと思う。
尚、日本訳は、正直読み辛い。

先ず、アイデア作成の基礎となる一般的原理については大切なことは以下の通り。
●アイデアとは、既存の要素と新しい組み合わせ以外の何ものでもない。
●既存の要素を新しい一つの組み合わせに導く才能は、事物の関連性を見付け出す才能に依存する所が大きい。

更に、アイデアを作る手法は、以下の通り。
1.資料・データの収集:整理方法として、カード索引法、スクラップ・ブックを活用する。
1)特殊資料:
製品、販売先に関する情報
 ⇒アイデアを生むかも知れない関係性が見付かるものである。
2)一般的資料:
例えば、大学の一般教養科目の様な知識のこと。
 ⇒その組み合わせにより、アイデアが生まれるチャンスとなる。

2.データの咀嚼:ある事象を様々な角度・組合せから検討する。そして、不完全且つ部分的なアイデアでも構わないので紙に書き留めておく。

3.データの組合せ:取り組んでいる問題を、一旦完全に心の外に放置しておく段階。言い換えると、無意識の創造過程と呼ぶ事が出来る。

4.発見の瞬間

5.アイデアのチェック:アイデアを現実世界に適合させる為に、理解ある人々の批判を仰ぎ、忍耐強く手を加える必要がある。尚、アイデアマンと呼ばれる人達は、この適用段階を通過するために必要な忍耐が欠けている場合が多くある。

また、本手法を、巻末の解説にあるデカルト「方法序説」と比較してみるのも面白い。
1.明証:注意して即断と偏見を避けること。

2.分析:自分の研究しようとする問題を出来る限り多くのしかもその問題をもっともよく解決するのに必要なだけの数の小さい部分に分ける

3.総合:自分の思想をある順序に従って導くのがよい。

4.枚挙:最後に、何の見落としも無かったと確信出来る位に完全な枚挙と、全体にわたる再吟味をしなければならない。

アイデアのつくり方アイデアのつくり方
(1988/03)
ジェームス W.ヤング今井 茂雄

商品詳細を見る
  1. 2009/06/07(日) 21:02:53|
  2. 書籍
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

eboys

Author:eboys
日本にてWirelessおよびMedia関連のM&A業務を担当後、米国Silicon ValleyのVenture Capital FirmにてIT分野を担当。
現在は、日本に帰任、財務・会計部門に在籍中。
email: eboys.2005@gmail.com

カレンダー

05 | 2009/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

リンク

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。