YES and .blog

Don't give up before you try it.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

書籍:「日本人が知らない恐るべき真実 ~マネーがわかれば世界がわかる~」

書籍:「日本人が知らない恐るべき真実 ~マネーがわかれば世界がわかる~」(★★★)

コメント:
前作ほどの印象は無かったが、ひとつの考え方としては相変わらず示唆に富んだ内容であった。
前作のエントリー

本書籍では、日本は、このままでは財政破綻を避けることは難しいと指摘している。
国家破産の方法に関して、ジョン・メイナード・ケインズは「貨幣改革論」の中で以下の3通りあるとの事。
1.債務帳消し型
 1)債務の返済を中止する。但し、日本は、国際的な信用を失い、日本円の暴落も予想される。
 2)当分の間、預金を新旧に分け預金封鎖する。
2.債務所有者に対する資本課税型
 1)大増税をして国民から税金を搾り取る。
3.財政暴力出動型
 1)通貨供給量を増やして貨幣価値の大幅な下落「ハイパーインフレ」を起こさせる。

では、何故この様な状況に陥ってしまったのか?
法的な見地からみれば、本当は国家が銀行や企業の存在を認め、その営利活動を許しているからこそ銀行も企業も成り立っているのだが、国家が経済の分野を民間に委ねてしまっているので、建前としては国家が最高位にいても、実質的には銀行>企業>国家の順になってしまうとの事。

つまり貨幣経済社会においては、お金を持ち、それを操作できる力(=金融力)をもつ者が最も強力な権力を持つことになる。

根本的な原因は、以下の通りである。
1)お金は必要な分より常に不足している。
2)お金に「交通手段」と「価値の貯蔵手段」という相反する機能が付いている。
3)お金の使用に利子という利用料が付く。
4)お金は、本質的に債務であり、期限内に返済しなければならない。
5)お金は利益を求めて移動する。
6)お金の価値に裏付けがなく、価値は金融市場によって決められ、生活者には決定権がない。
7)お金の発行権が利潤目的の銀行に独占されている。

また、国民経済をマクロ的な視点で見ると以下の数式が成り立つ。
 価格×物とサービスの量=通貨供給量×回転数

しかし、一部の富裕層はお金を持っていても、既に必要なもの、欲しいものは揃っており、余剰金は消費よりも投機に使われ、中間層は将来の不安に備えて余剰金があっても消費よりは貯蓄を優先する。一方、貧困層は生活だけで精一杯であり将来に備えての貯蓄も出来ない為、生活費を出来るだけ切り詰め、綱渡りの様な毎日を送る。つまり、生活圏の中で、お金が循環しなくなってしまうので、お金が回ってこない貧困層から壊死が始まっているとの事。

上記を鑑みると、麻生内閣の定額給付金に関して、一部の地方自治体が実施した地方振興券のように消費を更に促進する様な工夫が、もう少しあっても良かったのかな、と考えさせられる。
また、通貨の循環を「椅子取りゲーム」と評して、利子がある限り、いつかは、誰かが、椅子から漏れる(=損をする)、という表現は非常に判り易い。

また、「陽経済」と「陰経済」の考え方も面白い。
西洋人は、物事を見るときに、何事も二次元性を見ようとする。一方で、東洋思想では物事を二次元的には捉えず、一つの全体を形成する為に、陰陽の双方は欠かすことが出来ない部分であり、二つはお互いに繋がっていると考えるとの事。

「陰」の黒さがあるからこそ「陽」の白さがわかり、夜の暗さがあるからこそ昼の明るさがわかる。また、陽の中にも陰があり、陰の中にも陽がある。

ここで、事業とは、大きく分けて「陽経済」である投資を回収できる事業(=物理資本と金融資本を育てる)、「陰経済」である投資を回収できない事業(=自然資本と社会資本を育てる)の二種類に分類する事が出来る。

そして、陽経済は、陰経済からの絶えざる供給があってこそ成り立つのだが、最近は、陽経済の部分が大きくなり過ぎ、陰経済の部分を抑圧して来たので、全体にとって非常に危険な状況になっているとの事。

巻末のガンジーが遺した言葉には、改めて考えさせられる。
「目的を見付けなさい。そうすれば手段は付いてくる」
「世界の変化を望むのであれば、自分自身が変化を起こさなくてならない」
「重要なのは行為そのものであって、結果ではない。行為が実を結ぶかどうかは、自分の力でどうなるものではなく、生きているうちにも分かるとは限らない。だが、正しいと信じることを行いなさい。結果がどう出るにせよ、何もしなければ何の結果もないのだ」

日本人が知らない恐るべき真実 ~マネーがわかれば世界がわかる~(晋遊舎新書 001) (晋遊舎新書)日本人が知らない恐るべき真実 ~マネーがわかれば世界がわかる~(晋遊舎新書 001) (晋遊舎新書)
(2008/12/15)
安部 芳裕

商品詳細を見る
スポンサーサイト
  1. 2009/03/27(金) 21:25:39|
  2. 書籍
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

映画:「ジェネラル・ルージュの凱旋」

映画:「ジェネラル・ルージュの凱旋」(★★★)

コメント:
六本木ヒルズで「ジェネラル・ルージュの凱旋」を観てきました。

書籍の「ジェネラル・ルージュの凱旋」とは若干異なる内容になっていましたが、とても面白かった。
キャスティングも絶妙だったし、救急救命の現場が抱えるジレンマも緻密に描けている。

しかし、白鳥圭輔役の阿部寛がイイ味出してるなぁ。。。





ジェネラル・ルージュの凱旋ジェネラル・ルージュの凱旋
(2007/04/07)
海堂 尊

商品詳細を見る
  1. 2009/03/22(日) 18:59:25|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

書籍:「チーム・バチスタの栄光」

書籍:「チーム・バチスタの栄光」(★★★)

コメント:
今更かも知れないが、「チーム・バチスタの栄光」を読んだ。
同タイトルの映画も観たが、書籍の方が描写が細かく、改めて面白い作品だと思った。

特に、著者の海堂尊氏自身が、医師・医学博士という事もあり、登場人物の心理の描き方は秀逸。
主人公の白鳥圭輔が解説する「相手の内面を調査する術」などは、実世界でも参考になるのではないかと思うくらいの完成度である。

調査には、パッシヴ・フェーズ調査とアクティブ・フェーズ調査があるとの事。

●パッシヴ・フェーズ調査
心理読影。対象を自分の繭の中に取り込んで、そこでゲロさせる。過去の事象を看取る。

●アクティブ・フェーズ調査
説得。相手の心臓を鷲掴みして、膿んでいる病巣にメスを突き立てる。未来を創る。

アクティブ・フェーズ調査の手順は以下の通り。
その1:相手が、怒るか怒らないか、ぎりぎりのところで持ちこたえる(質問やコメントを繰り返す)。
その2:ガツンとやって、ピュ-と逃げる。そして物陰から様子を見る。但し、ガツンとやる前に、隠れる物陰を確保する。
その3:用件が終了したら長居は禁物。
その4:複数(人)同時聴取で反射情報をからめ取れ。
その5:身体を張って情報ゲット。
その6:
その7:反射消去法(ダブルチーム・ヒアリング:先ず一人ずつ話を聞く。次に二人一緒に聞く)。
その8:弱点を徹底的に攻めろ。

基礎研究では、未熟で独善的な性格に人間は、パッシヴ・アクティブ間で、(調査官が受ける)イメージの変化が起こりやすいと言われている。アクティブ・フェーズでは、隠された本質が出やすい。つまり、二つの相で印象が異なるとしたなら、アクティブの方が素顔に近いとの事。

チーム・バチスタの栄光チーム・バチスタの栄光
(2006/01)
海堂 尊

商品詳細を見る
  1. 2009/03/21(土) 22:18:40|
  2. 書籍
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

書籍:「戦略PR -空気をつくる。世論で売る。-」

書籍:「戦略PR -空気をつくる。世論で売る。-」(★★☆)

コメント:
どんな商売でも、モノを売るというのは非常に難しい。
私が担当しているWireless/Media分野に於いても、成熟市場になったというか、差別化を示すことが難い状況になって来ている。経験的に言っても、以前に調査会社を起用して、その調査結果を踏まえて商品設計をした所までは良かったが、いざ市場に訴求させる段階になると、手が止まってしまった事があった。

本書籍では、インターネットの出現に端を発する情報洪水、日本の成熟市場、疑り深い消費者により「情報が消費者に伝わりにくくなっている」と指摘している。
(一説には、今日の情報量は、12年前の情報量の637倍だとか)

この場合、もはや「商品力」や「宣伝力」の問題では無く、その商品が売れるための「空気」が出来ているか否かであるとの事。商品を売るために作り出したい空気=「カジュアル世論」を作り、消費者に「気付き」を与えて、「買う理由」を生み出す技術を「戦略PR」と呼ぶ。

そもそも「PR」とは、「Public Relations(公的な関係性)」であり、「世論(よろん)」とは、世間一般の意見のことであり、公共の問題について、多くの人が共有している意見(考え)のことを指す。
この「公共」「共有」「意見」が成功のキーワードとの事。

売れる空気をつくる方法は、以下の通りである。
1.戦略PRでは、戦略的なテーマ設定を行う
1)商品の便益に関連しそうな、世の中の「関心事」を調べる。
2)商品の便益を世の中や消費者の関心事に合わせて翻訳する。
3)その二つを結び付けて、テーマを設定する。
4)テーマを「ニュース」にするための材料を用意する。
5)テーマを広げるための具体的なPRプランを策定する。

2.戦略PRでは、戦略的なチャンネル設計を行う
カジュアル世論をつくる3つの要素とは、「おおやけ(公共性)」「ばったり(偶然性)」「おすみつき(信頼性)」であり、この3要素それぞれに合ったメディアや第三者的な存在を活用していく事になる。
1)「おおやけ」感を生み出すために:「マスコミ」の活用
2)「ばったり」感を生み出すために:「クチコミ」の活用
3)「おすみつき」感を生み出すために:「インフルエンサー」の活用

3.戦略PRが失敗する時
1)商品に寄り過ぎた戦略PRテーマを設定したために話題が広がらない
2)商品から寄り過ぎた戦略PRテーマを設定してしまったため、話題が広がっても、商品に落ちなかった
3)マスコミ、クチコミ、インフルエンサーをコントロールしようとしてしまった。
4)誤ったマスコミ、クチコミ、インフルエンサーを巻き込んでしまった。
5)マスコミ、クチコミ、インフルエンサーへの「感謝の念」を忘れてしまった。
6)広告やプロモーションとの連動を、誰も考えていなかった。
7)戦略づくりはよかったが、事項時にセクショナリズムが邪魔をした。
8)中長期的な視野を忘れ、ついつい短期的な売上への貢献だけを考えてしまった。

4.PRと広告の違い
1)PRは、広告枠を買わない。所謂、商取引ではなく、情報を取り上げて貰う「情報取引」である。
2)PRは、信頼性が高い。何故ならば、情報取引であるから。
3)PRは、全ての面でコントロールしにくいデメリットがある。

但し、PRと広告の垣根は、どんどん無くなって行くとの事。

5.事例: オバマ候補を勝利に導いたPR
オバマ陣営は、大統領選に向けて「多くの人々が、アメリカ国民としての『誇り』は失っていないが、『自信』を失っている」という状況分析を導き出して「自信を取り戻すだめには何かを変えなきゃ」という空気、「変化が必要」という世論を喚起することとして、オバマ候補が「その変革が出来る人」として位置付けるという作戦を展開した。「Change」というキャッチフレーズは、その代表例である。
これにより「変化が必要」という空気が広がれば広がるほど、「Experience(経験)」を売りにしていたクリントンや負け員が劣勢になる仕組みを作ったとの事。

戦略PR 空気をつくる。世論で売る。 (アスキー新書 94) (アスキー新書) (アスキー新書)戦略PR 空気をつくる。世論で売る。 (アスキー新書 94) (アスキー新書) (アスキー新書)
(2009/01/13)
本田 哲也

商品詳細を見る
  1. 2009/03/12(木) 21:20:42|
  2. 書籍
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Microsoft's Future Vision Series

既に多くのBlogでも言及されているが、マイクロソフトが2019年に向けたコンセプトを披露した。

このコンセプトを見て、マイクロソフトの独占を危惧するコメントもあったが、こうやって絵として見ると、ハードウェア的な機能(Surface computing technology、RFID、電子ペーパー、タッチスクリーン、リモートコントロールなど)は、現実感があって格好良いなぁと思う。
また、拡張現実(augment reality)の実用例なども、しっかり考慮されていて非常に興味深い。

一方、モトローラ端末が、やっぱりスタイリッシュでなかったり、OSのUIが、やっぱりWindowsライクだった事は、ちょっと笑ってしまった。

■リテール編



■ヘルスケア編


  1. 2009/03/05(木) 02:19:09|
  2. IT関連
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

書籍:「チーズの値段から未来が見える」

書籍:「チーズの値段から未来が見える」(★★☆)

コメント:
みずほ証券のマーケットエコノミストによるマーケット分析・予測に関する指南書。

景気後退が顕著になる中で、マーケット分析・予測の手法を学んでみようと、標題に惹かれて購入ししてみた。期待に反して(?)内容は極めて真面目で丁寧に書かれており、エコノミストが抑える指標を知るという意味では、非常に有益な書籍であると思う。

但し、書き出しの部分で、自身の経歴に就いて触れているが、事実とはいえ自身の優秀さを押し付けうられている様で、あまり良い印象を受けなかったのは私だけでは無い様に思う。

"現在の"著者の持論は、日本経済には以下の3つの特徴があるとの事。
・輸出主導
・根強いデフレ圧力
・格差型景気

ポイント1:景気
景気を見ていく上で重要な視点のひとつに、「いま経済を牽引しているのは何か」という点がある。

経済活動を牽引する主役の候補としては「個人消費」「設備投資」「輸出」の3つが挙げられ、これらに脇役候補として「住宅投資」「公共投資」を加えることができる。
但し、日本経済を牽引するのは消去法で「輸出」しかない。

そして、輸出主導の経済は、①輸出先である世界経済の動向、②為替相場の動向の先行きに依存しており、為替相場の動向を注視していくことが欠かせない。

為替相場には「テーマ性」という特徴があり、"現在のところ"各国の「政策金利動向」である。要するにその国が利上げするか、利下げするかを見極めるという事である。参考指標としては、ドル/円相場の1月効果説という概念がある。

ポイント2:物価
日本経済の特徴の1つに根強いデフレ圧力の問題がある。
物価上昇のパターンには、「ディマンドプル」型の物価上昇、「コストプッシュ」型の物価上昇があり、「ディマンドプル」型物価上昇は、それが適正だと判断される範囲内であれば「良い」物価上昇であるが、「コストプッシュ」型物価上昇は、個人消費を悪化させるという意味合いから「悪い」物価上昇である。

マクロ経済政策には、「財政政策」「金融政策」がある。

ポイント3:財政政策
財政政策とは、国や地方公共団体が毎年度、税金などの収入(歳入)を、国会・地方議会で成立した予算をもとにして支出(歳出)して、政策目的を達成しようとすることである。政策運営の基本方針は「拡張」か「緊張」のどちらかである。

ポイント4:金融政策
日銀が司る金融政策のひとつが「政策金利」の操作である。
日本には於いては、以前は「公定歩合」を政策金利としていたが、現在は「無担保コール翌日物」の金地誘導水準が政策金利となっている。

上記の補足情報となるのが経済指標であり、その指標は時系列で見て、景気動向に対して「先行」「一致」「遅行」の特徴を有している。例えば、新人求人数は先行指標、有効求人倍率は一致指標、失業率は遅行情報である。
また、消費者の目線で経済を見ることが重要であり、それが出来れば、現実と遊離した予測をある程度回避出来るとの事。

参考URL: economist.com(http://www.economist.com/)

チーズの値段から未来が見えるチーズの値段から未来が見える
(2008/03/22)
上野 泰也

商品詳細を見る
  1. 2009/03/01(日) 11:56:35|
  2. 書籍
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

eboys

Author:eboys
日本にてWirelessおよびMedia関連のM&A業務を担当後、米国Silicon ValleyのVenture Capital FirmにてIT分野を担当。
現在は、日本に帰任、財務・会計部門に在籍中。
email: eboys.2005@gmail.com

カレンダー

02 | 2009/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

リンク

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。