YES and .blog

Don't give up before you try it.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

書籍:「企業分析力養成講座」

書籍:「企業分析力養成講座」(★★★)

コメント:
本書籍も良書であり、オススメである。

単なる企業分析に留まらず、発展シナリオも提言しているので非常に参考になる。

尚、分析する企業の業種によって、CHECKするべき要素は異なるとの事。

企業を分析する9つの視点

1.スターバックスコーヒージャパン
1)P/L(収益構造)の視点から:外資系企業としての注目点
米国スターバックス本社との契約関係
 ①ライセンス料
 ②出店ノルマ
 ③利益還元

2.三菱地所
1)P/L(収益構造)の視点から:複合事業型企業としての注目点
2)バランスシートの視点から
運転資本=売掛金+棚卸資産ー買掛金

3.創通
1)市場の視点から
2)財務分析の視点から:キャッシュフロー分析
3)事業構造の視点から:バックキャスティングによる「10倍株」分析
4)経営陣の視点から

4.ビッグカメラ
1)市場の視点から:M&Aが続く家電量販店業界
2)競合構造の視点から:「規模の経済」と「範囲の経済」の追求

5.GABA
1)財務分析の視点から:前受金の使い方に関して、競合企業NOVAと比較

6.JR東日本
1)財務分析の視点から:キャッシュフロー分析
2)社会(需要)動向の視点から:人口は減少するが、鉄道の利用頻度は上昇

7.横浜銀行
1)マクロ経済の視点から:銀行の収益は金利に左右される
2)財務分析の視点から:銀行に売上高、営業利益という概念はなく、経常収益、経常利益である
3)ビジネスモデルの視点から:サービスレベルを高める

8.ミクシィ
1)収益構造の視点から:影響を与えるドライバーの分析
2)資本市場の視点から:何故、国債を購入したのか

9.任天堂
1)財務分析の視点から:税引後投下資本営業利益率8.0%で推移しており、資本コスト8.0%とすると、価値を創造していないと言える。
2)市場構造の視点から

●ジョージ・ソロスの再帰性理論
aaa) 市場はいつも間違っている
bbb) 間違い(バイアス)は、ときに、将来の「現実」に影響を与える
ccc) そのため、トレンドは続き、ブームが起こる
ddd) 現実と期待の乖離が臨界点に達すると、株価は破裂(バースト)する

ソロス曰く「"現実"を理解することは難しい。だが、現実を理解することこそが、自分の信念である」との事。

尚、本著者が運営するサイト「シェアーズ」も非常に有用なのでオススメである。
http://www.shares.ne.jp

デューデリジェンスのプロが教える 企業分析力養成講座デューデリジェンスのプロが教える 企業分析力養成講座
(2008/10/09)
山口 揚平

商品詳細を見る
スポンサーサイト
  1. 2009/02/06(金) 01:15:20|
  2. 書籍
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

eboys

Author:eboys
日本にてWirelessおよびMedia関連のM&A業務を担当後、米国Silicon ValleyのVenture Capital FirmにてIT分野を担当。
現在は、日本に帰任、財務・会計部門に在籍中。
email: eboys.2005@gmail.com

カレンダー

01 | 2009/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

リンク

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。