YES and .blog

Don't give up before you try it.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

書籍:「企業再生マネジメント」

書籍:「企業再生マネジメント」(★★★)

コメント:
本書籍は、かなり良書だと思う。オススメです。

現在、新規事業の立ち上げを担当しているが、昨今の経済環境の影響もあり、新規事業というよりは企業再生の色合いが強い案件が多くなってきたように思う。

私自身、これまでM&A案件やベンチャー投資案件を担当した事はあったが、企業再生案件を担当した事はなかった。

M&A案件やベンチャー投資は、基本的に成長戦略であったりシナジー創出であったりとPositiveな要素が多いが、企業再生に関しては、少なからず痛みを伴う外科手術的要素がある訳で、非常に難しいと感じている。

また、従来のファイナンス関連の書籍を読んでも、テクニックに関する記載は多いが、一連の流れは掴めず、何処から手を付けて良いのか分からない。これに対して、本書籍では、ケーススタディを充実させ、そのケーススタディも小説的に臨場感溢れる描写になっている事から、疑似体験として学ぶ事が出来て、非常に分かり易い構成になっている。

先ずリバイバル・マネージメントの心構えは、シェアホルダー(株主)だけのためではなく、より広いステークホルダーの利益を頭に入れておかなければならないとの事。

主な手法は以下の通り。
1.危機度の診断と再生可能性の判断
1)キャッシュフロー分析
2)自己資本比率(50%以上=健全, 30%以上=普通, 25%以下=要注意, 15%以下=危険)
3)担保保全指標
4)返済期間指標(10年以上=要注意)
5)純資産時価評価
6)ROIC Tree分析
7)事業部門別ROIC Tree分析

2.短期キャッシュフローの確保とアセット・リストラによる有利子負債お圧縮
1)オペレーティングキャッシュフロー最大化=①価格戦略, ②調達戦略, ③人的リストラ
2)メンテナンスキャッシュフローの軽減=ワーキングキャピタルマネージメント
3)新キャッシュフローの調達=アセット・リストラクチャリング

3.事業ポートフォリオの再構築と機能のアウトソーシング、そしてバリューチェーン・リアラインメント
1)事業現在価値ポートフォリオ
2)コア事業(=集中投資・合併)、ノンコア事業(=売却・撤退)、半コア事業(=MBO・IPO)

4.産業再編によるリバイバル

5.私的整理を通じた債務免除と他人資本の受け入れ
1)本業で再生できるかどうか、そのための条件は何かを議論する

6.法的整理による事業の再生
1)民事再生法(削減対象は一般担保債権, 経営者交代なし)
2)会社更生法(削減対象は無担保債権・担保付債権・優先債権 経営者交代あり)

7.オペレーション・エクセレンシーの定着と組織の安定化
1)日常のオペレーションの中で勝ちパターンを確立する
2)成功体験と結果責任(特に社員への心理的効果が大きい案件が重要)

企業再生マネジメント企業再生マネジメント
(2003/07)
安田 隆二

商品詳細を見る
スポンサーサイト
  1. 2009/02/01(日) 10:21:42|
  2. 書籍
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

eboys

Author:eboys
日本にてWirelessおよびMedia関連のM&A業務を担当後、米国Silicon ValleyのVenture Capital FirmにてIT分野を担当。
現在は、日本に帰任、財務・会計部門に在籍中。
email: eboys.2005@gmail.com

カレンダー

01 | 2009/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

リンク

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。