YES and .blog

Don't give up before you try it.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Kivaをやってみた。

以前から気になっていたKiva.org(キヴァ)(http://www.kiva.org)を利用してみた。

Kiva_logo

Kivaとは、インターネットを介してマイクロファンドを行うNPO機関で、発展途上国の小規模事業と融資者の仲介を行う。寄付ではなくビジネス性を持った融資を提供することで持続的な支援を目指していること、貸し手が途上国で融資を必要とする借り手を自ら選択できることが反響を呼び、数多くのメディアで紹介されている。元アメリカ大統領クリントン氏もKivaの活動を支持し、メディアでKivaの紹介をしている。(Wikipedia)

個人的な考えだが、寄付とかボランティアとかは、とても大切な活動であるが、反面イマイチ何に使われるのか分からないモノに対して、自分が働いて得たお金を、無償で提供するという事に、なんとなく抵抗を感じる部分がある。これに対して、Kivaの融資(但し無利息)という形態は非常に共感出来る。

また、最低価格USD25.00というのは決して安価ではないが、貸し手が融資先の国、個人、職業を選択出来る事、友人との共同融資により更に大きな影響力を発揮出来る事などから、融資/投資を学ぶという副次的な利点もあり非常に有益であると考える。

まだ始めたばかりであるが、これから色々と試してみたいと思う。
スポンサーサイト
  1. 2009/02/26(木) 00:11:29|
  2. ブログ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

新規事業検討に使えるサイト

先日、会社のパソコンの入替作業があったので、自分のブックマークも整理してみた。
まあ、色々なサイトがあるものだと思う事と色々な新規事業に手を出してみたものだと感心した。
その中で便利そうだったサイトを備忘録として以下の通り記載する。

1.プレゼン作成
■Color Scheme Designer
http://colorschemedesigner.com/

2.トラフィック測定
■Alexa
http://www.alexa.com/site/ds/top_sites?ts_mode=lang&lang=ja

3.市場調査
■Online Research
http://japan.internet.com/survey/?c_id=mobile&r_id=10
■EL Net
http://www.elnet.co.jp/

4.通信・放送関連
■総務省
http://www.tele.soumu.go.jp/j/equ/tech/index.htm
■社団法人 電気通信事業者協会
http://www.tca.or.jp/database/2008/11/
■財団法人 電気通信端末機器審査協会
http://www.jate.or.jp/

5.メディア関連
■日本電子出版協会
http://www.jepa.or.jp/link/index.php
■デジタル漫画協会
http://www.dma-j.net/bureau/about.html
■社団法人 著作権共同センター
http://www.cric.or.jp/

6.ゲーム関連
■INSIDE
http://www.inside-games.jp/

7.ファッション関連
■ELASTIC
http://taf5686.269g.net/article/4754175.html
  1. 2009/02/23(月) 23:40:30|
  2. IT関連
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

書籍:「いま、すぐはじめる地頭力」

書籍:「いま、すぐはじめる地頭力」(★★☆)

コメント:
思考法に関する書籍。なかなか面白い内容であった。

本書籍に於ける「頭がいい」とは、物知りであるとか、機転が利くという事ではなく、地頭がいい(思考能力が高い)事と定義している。

従来からロジカル・シンキング(論理的思考)が重要視されてきたが、本書籍では論理的思考だけでは新しい発想は生まれないとの事。先ず、「考える力」のベースとなるのは「知的好奇心」であり、その上で「論理的思考力」「直観力」が加わって以下の様な思考力を実現出来るとの事。

1.仮説思考力:「結論から」考える思考力
2.フレームワーク思考力:「全体から」考える思考力
3.抽象化思考力:「単純に」考える思考力

1.仮説思考力:「結論から」考える思考力
「考える」には「考え始める」という高い敷居がある。つまり心構えが大事である。
1)時間に対する感度を上げる:
 ジョン・メイナード・ケインズは「正確に誤るよりは、漠然と正しくありたい」としている。ケースバイケースではあるが、私達の日常生活でも「正確性」を優先して十分な精度が得られるまで時間を掛けることが要求される場面と「正確性」は二の次でも「65点」の結果を出してスピーディに先に進む事が要求される場面がある。ただし、日常生活でもビジネスの現場でも、圧倒的に後者の場面、すなわち「正確に誤るよりは、漠然と正しくありたい」ことが要求される場面の方が多いのではないかとの事。
 一方、私自身は、本記載(ケースバイケースとの断りはあるが)に関しては異なる印象を受けている。日本企業の競争優位性とは、その正確性、匠の技にあると考えており、例えビジネスでも同様だと思う。然しながら、最近はスピードを重視するあまり仕事を"仕上げる"部分が軽視されている事を危惧している。

2)知的依存心を捨てる:
 聞けば教えてくれる人がいる様な「恵まれた」環境が「考えない」人を作る

3)自分の「思考のクセ」を徹底的に認識する:
 人は、相手より自分、将来より現在、結果よりプロセス、全体より部分を重視する傾向があり、また自分は特殊だと考え、他人は一般化する傾向が強いとの事。

2.フレームワーク思考力:
「全体から」考える思考力が大事であり、三つの座標系を用意する事で「思い込みをリセットして考え
・三つの座標系
 個人の視座(立ち位置)
 視点(見る方向)
 視野(見る範囲)

また、「期待値管理」が重要との事。
上司・部下の関係でも不満というものがあるが、この不満は期待値とのギャップによって生じるものである事。このギャップには、「両者間の事実認識のギャップ」と「両者間の座標軸のギャップから生じる不満」があるとの事。特に、座標軸のギャップとは、両者の事実認識は一致しているが、評価する視点・尺度が異なる事による生じる差(ギャップ)であり、とても身近な現象だっただけに思わず笑ってしまった。

3.抽象化思考力:「単純に」考える思考力
 対象となる複数の対象物から離れて考えるイメージ。しかし、人間には自由に思考しようとすると強力な「阻害求心力」が働いて、「離れる」ことを邪魔をする。従って、如何に難しい事を簡単に言えるかが重要との事。

また、地頭力を鍛える練習としては、フェルミ推定の練習が効果的との事。

いま、すぐはじめる地頭力いま、すぐはじめる地頭力
(2008/06/11)
細谷 功

商品詳細を見る
  1. 2009/02/14(土) 17:22:15|
  2. 書籍
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

フジマキ流ブランド・プロデュース

先日、株式会社フジマキ・ジャパン副社長 藤巻幸夫氏の講演を聴く機会があったが、非常に熱く面白い内容であった。また、右も左も分からず、競争力の乏しい製品を、工夫して必死に売っていた新入社員時代を思い出した。

題目は、フジマキ流ブランド・プロデュース。

先ず、ブランドを作るためには、心構えが大事との事。
物語を語れるか?
物語を語る為には、八本主義(本気、本音、本物、本質、本筋、本心、本流、本当)が大事である。
本気で売れると思っているか、本音はどうだ、本物を売っているか、本質はどうか、本心はどうか、その遣り方は本流か、本当にそうなのか、という事。

また、プロデュースとは組織作りであり、日本人は自分と同じタイプの人間しか集めないとの事。
(私が、お世話になった先輩も以前に同じ事を言っていた事を思い出した。自分と同じタイプの人間を集めても面白く無いじゃないか)

そして、顧客視点を忘れるなとの事。

また、ブランド・プロデュースには技術論があるそうだ。
1)MD(Merchandising)
先ずは、売れる状況を作る事であり、仮説と検証の繰り返しである。
コンテンツ(モノ)作り=色×柄×素材×デザイン×機能×用途/使い途×価格/安ければ良い訳では無い、こだわり×哲学

2)VMD(Visual Merchandising)
見せ方、表現方法、雰囲気を作る、第一印象、これらが、単なるプロダクトで終わるか、ブランドになるかを分けるとの事。

3)宣伝
PR、誰に売るのか、何処で宣伝するのか。

4)人の繋がり

5)時代
イマという時代がある。顧客ターゲットによって時代(好み)が異なる。

6)KKDK
経験(K)、カン(K)、度胸(D)、行動力(K)が重要。

また、最後は時間が足りなくなり、余り触れられなかった「5つのS」「5つのC」「5つのM」に就いては、アカデミーヒルズの講演で触れられていた様なので転記しておく(こちら

【5つのS】
シンプル(単純ではなく、そぎ落とすこと)
センス(行間を読む、人との間合いがとれること)
スピード(早すぎたら、また原点に戻ればいい)
スマイル(笑顔こそすべての活力の源)
しつこさ(継続力)

【5つのC】
コミュニケーション(心を開けば外国人でも通じ合える)
コンセンサス(相互の理解)
コラボレーション(人脈)
コミットメント(いい加減に人と付き合わない。約束を守る)
チャレンジ(挑戦し続ける)

【5つのM】
マーケティング(皮膚感覚・現場感覚)
マーチャンダイジング(モノへのこだわり)
マネジメント(言ったことをやり遂げる)
マインド(ホスピタリティ、優しさ)
人を巻き込む、人に巻き込まれる(藤巻の真骨頂)
  1. 2009/02/09(月) 21:40:35|
  2. ブログ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

書籍:「企業分析力養成講座」

書籍:「企業分析力養成講座」(★★★)

コメント:
本書籍も良書であり、オススメである。

単なる企業分析に留まらず、発展シナリオも提言しているので非常に参考になる。

尚、分析する企業の業種によって、CHECKするべき要素は異なるとの事。

企業を分析する9つの視点

1.スターバックスコーヒージャパン
1)P/L(収益構造)の視点から:外資系企業としての注目点
米国スターバックス本社との契約関係
 ①ライセンス料
 ②出店ノルマ
 ③利益還元

2.三菱地所
1)P/L(収益構造)の視点から:複合事業型企業としての注目点
2)バランスシートの視点から
運転資本=売掛金+棚卸資産ー買掛金

3.創通
1)市場の視点から
2)財務分析の視点から:キャッシュフロー分析
3)事業構造の視点から:バックキャスティングによる「10倍株」分析
4)経営陣の視点から

4.ビッグカメラ
1)市場の視点から:M&Aが続く家電量販店業界
2)競合構造の視点から:「規模の経済」と「範囲の経済」の追求

5.GABA
1)財務分析の視点から:前受金の使い方に関して、競合企業NOVAと比較

6.JR東日本
1)財務分析の視点から:キャッシュフロー分析
2)社会(需要)動向の視点から:人口は減少するが、鉄道の利用頻度は上昇

7.横浜銀行
1)マクロ経済の視点から:銀行の収益は金利に左右される
2)財務分析の視点から:銀行に売上高、営業利益という概念はなく、経常収益、経常利益である
3)ビジネスモデルの視点から:サービスレベルを高める

8.ミクシィ
1)収益構造の視点から:影響を与えるドライバーの分析
2)資本市場の視点から:何故、国債を購入したのか

9.任天堂
1)財務分析の視点から:税引後投下資本営業利益率8.0%で推移しており、資本コスト8.0%とすると、価値を創造していないと言える。
2)市場構造の視点から

●ジョージ・ソロスの再帰性理論
aaa) 市場はいつも間違っている
bbb) 間違い(バイアス)は、ときに、将来の「現実」に影響を与える
ccc) そのため、トレンドは続き、ブームが起こる
ddd) 現実と期待の乖離が臨界点に達すると、株価は破裂(バースト)する

ソロス曰く「"現実"を理解することは難しい。だが、現実を理解することこそが、自分の信念である」との事。

尚、本著者が運営するサイト「シェアーズ」も非常に有用なのでオススメである。
http://www.shares.ne.jp

デューデリジェンスのプロが教える 企業分析力養成講座デューデリジェンスのプロが教える 企業分析力養成講座
(2008/10/09)
山口 揚平

商品詳細を見る
  1. 2009/02/06(金) 01:15:20|
  2. 書籍
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

書籍:「企業再生マネジメント」

書籍:「企業再生マネジメント」(★★★)

コメント:
本書籍は、かなり良書だと思う。オススメです。

現在、新規事業の立ち上げを担当しているが、昨今の経済環境の影響もあり、新規事業というよりは企業再生の色合いが強い案件が多くなってきたように思う。

私自身、これまでM&A案件やベンチャー投資案件を担当した事はあったが、企業再生案件を担当した事はなかった。

M&A案件やベンチャー投資は、基本的に成長戦略であったりシナジー創出であったりとPositiveな要素が多いが、企業再生に関しては、少なからず痛みを伴う外科手術的要素がある訳で、非常に難しいと感じている。

また、従来のファイナンス関連の書籍を読んでも、テクニックに関する記載は多いが、一連の流れは掴めず、何処から手を付けて良いのか分からない。これに対して、本書籍では、ケーススタディを充実させ、そのケーススタディも小説的に臨場感溢れる描写になっている事から、疑似体験として学ぶ事が出来て、非常に分かり易い構成になっている。

先ずリバイバル・マネージメントの心構えは、シェアホルダー(株主)だけのためではなく、より広いステークホルダーの利益を頭に入れておかなければならないとの事。

主な手法は以下の通り。
1.危機度の診断と再生可能性の判断
1)キャッシュフロー分析
2)自己資本比率(50%以上=健全, 30%以上=普通, 25%以下=要注意, 15%以下=危険)
3)担保保全指標
4)返済期間指標(10年以上=要注意)
5)純資産時価評価
6)ROIC Tree分析
7)事業部門別ROIC Tree分析

2.短期キャッシュフローの確保とアセット・リストラによる有利子負債お圧縮
1)オペレーティングキャッシュフロー最大化=①価格戦略, ②調達戦略, ③人的リストラ
2)メンテナンスキャッシュフローの軽減=ワーキングキャピタルマネージメント
3)新キャッシュフローの調達=アセット・リストラクチャリング

3.事業ポートフォリオの再構築と機能のアウトソーシング、そしてバリューチェーン・リアラインメント
1)事業現在価値ポートフォリオ
2)コア事業(=集中投資・合併)、ノンコア事業(=売却・撤退)、半コア事業(=MBO・IPO)

4.産業再編によるリバイバル

5.私的整理を通じた債務免除と他人資本の受け入れ
1)本業で再生できるかどうか、そのための条件は何かを議論する

6.法的整理による事業の再生
1)民事再生法(削減対象は一般担保債権, 経営者交代なし)
2)会社更生法(削減対象は無担保債権・担保付債権・優先債権 経営者交代あり)

7.オペレーション・エクセレンシーの定着と組織の安定化
1)日常のオペレーションの中で勝ちパターンを確立する
2)成功体験と結果責任(特に社員への心理的効果が大きい案件が重要)

企業再生マネジメント企業再生マネジメント
(2003/07)
安田 隆二

商品詳細を見る
  1. 2009/02/01(日) 10:21:42|
  2. 書籍
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

eboys

Author:eboys
日本にてWirelessおよびMedia関連のM&A業務を担当後、米国Silicon ValleyのVenture Capital FirmにてIT分野を担当。
現在は、日本に帰任、財務・会計部門に在籍中。
email: eboys.2005@gmail.com

カレンダー

01 | 2009/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

リンク

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。