YES and .blog

Don't give up before you try it.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

書籍:「なぜ『思い込み』から抜け出せないのか」

書籍:「なぜ『思い込み』から抜け出せないのか」(★☆☆)

コメント:
人生に於いて、「思い込み」ほど厄介なものは無いと思う。

学校の試験でも、恋愛でも、ビジネスでも「ほんの少し見方を変えれば良い結果だったのに・・・」と思うことは結構多いのではないか。

更に、この「思い込み」が厄介なのは、「お前は思い込みが激しい」とか他人に言っている人に限って、「貴方こそ、他人を思い込み、偏見の目で見ていませんか?」という問題がある事だ。

「お前は思い込みが激しい」と言った時点で、その人は他人の意見や発言の真意に関して、それ以上理解しようとする事を放棄してしまったと思う。所謂、思考停止状態であり、これでは議論を重ねても意味が無くなってしまう。

その意味で、本書籍には「気付き」があると期待した訳であるが、残念ながらガッカリな内容だった。

内容は、「ガイジン」である著者が、以下の通り日本と米国の商習慣の違いに就いて記載したもの。
・どこかに所属していないと不安な日本人
・外国人が戸惑う日本のビジネス商習慣-「持ち帰って検討します」-
・見る前に飛ぶアメリカ人、飛ぶ前に見る日本人
・定年退職後も「身内」で群れる(日本人)ビジネスマンたち
・(日本人は)会社の傘の下で「個」を失っていないか
・(日本企業の)家族主義はいまや個人の能力をスポイルしてしまう
・日本の組織にほんとうの「和」があるのか

本書籍を「日本と米国の商習慣の違い」に関する書籍と再定義した場合、私自身の日本企業での経験、米国企業での経験を振り替えてみると、本書籍に記載されている事は、大概正しいと思うが、決して「思い込み」ではなく「事実」だと思う。

両国は、国の成り立ち、地理的な問題、文化も違うのだから、商習慣が違うのは当たり前だ。
また、著者の「世界のビジネスルール」とは、あくまでも米国基準に過ぎない様に思う。

従って、日本人としては、この違いを認識した上で、今後どの様に対応していくべきなのかは、改めて考えみたいと思う。

なぜ「思い込み」から抜け出せないのかなぜ「思い込み」から抜け出せないのか
(2006/04/21)
マリヨン・ロバートソン

商品詳細を見る
スポンサーサイト
  1. 2008/10/26(日) 15:24:21|
  2. 書籍
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

eboys

Author:eboys
日本にてWirelessおよびMedia関連のM&A業務を担当後、米国Silicon ValleyのVenture Capital FirmにてIT分野を担当。
現在は、日本に帰任、財務・会計部門に在籍中。
email: eboys.2005@gmail.com

カレンダー

09 | 2008/10 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

リンク

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。