YES and .blog

Don't give up before you try it.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

DVD:「ユーリ・ノルシュテイン作品集」

DVD:「ユーリ・ノルシュテイン作品集」(★★☆)

コメント:
最近、仕事の関係もありアニメーションの世界に就いて勉強を始めました。

今まで馴染みが無かったので、結構面白いです♪

アニメーションとは「生命のない動かないものに命を与えて動かすこと」を意味しており、日本で認識されている所謂アニメ(マンガ)とは異なります。

このアニメーションの巨匠と呼ばれるのが、ユーリ・ノルシュテイン氏(ロシアのユダヤ人アニメーション作家)。

本DVDには、彼の代表作である「話の話」等が収録されている。

全体の印象としては、旧共産圏の影響もあってか、ちょっと暗い感じなので、一般的な評価は個人の好みによって分かれる様に感じましたが、作品の芸術性は非常に高く、一度は観る価値アリだと思います。

日本や米国の映像産業は、商業主義が発達したため、巨大資本に支えられた長編作品が多く作られる様になったが、一方欧州では、作り手が芸術性・技術を磨くため短編作品を数多く発表する様になり、短編作品のレベルが飛躍的に上がったとの事。

かのウォルト・ディズニーも、評価を得るまでは多くの短編作品を手掛けていたとの事。

また、旧共産圏の国では、芸術振興として、国が芸術家の活動を支援した事もあり、レベルが飛躍的に向上したという歴史的な背景も非常に興味深い。

事実、ノルシュテイン氏の技法は、「切り絵アニメーション」と呼ばれ、キャラクターの絵を切り抜いて背景画の上に置いてコマ撮りするため、膨大な作業量が発生するそうですが、その作品が持つ深み/芸術性は、最近我々が目にする映像とは全く異なる世界観を作り出しています。

同氏は、「人間の想像力を疎外したものからは、何も生まれない」と、CGによって作られたアニメーションに対して苦言を呈しているとの事です。

ユーリ・ノルシュテイン作品集ユーリ・ノルシュテイン作品集
(2007/01/25)
不明

商品詳細を見る
スポンサーサイト
  1. 2008/09/06(土) 14:00:04|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

eboys

Author:eboys
日本にてWirelessおよびMedia関連のM&A業務を担当後、米国Silicon ValleyのVenture Capital FirmにてIT分野を担当。
現在は、日本に帰任、財務・会計部門に在籍中。
email: eboys.2005@gmail.com

カレンダー

08 | 2008/09 | 10
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

リンク

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。