YES and .blog

Don't give up before you try it.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

書籍:「ザ・サーチ」

書籍:「ザ・サーチ」(★★★)

コメント:
ワイアード誌の共同創刊者でもあるジョン・バッテル(John Battele)氏の著書。

グーグルを中心とした検索エンジンの歴史、検索の技術、セマンティックウェブなど検索の将来展望まで考察されていて面白い。(若干、技術に関する日本語訳が読み辛い)

グーグルは、シリコンバレーの企業群の中で、飛び抜けた存在になった。しかし、本書を読むと、グーグルが最初から特別な存在だった訳ではなく、他スタートアップ企業同様に、例えばインフォシークの創業者スティーブ・カーシュ氏から「サンドバックでも叩きに行っていなさい」と追い返された事、その中で他企業のアイディアや失敗をうまく取り入れていった事が分かる。

そして、グーグルは公開企業となり、その後は「自分の経験だけを頼りに、勘だけを頼りに驀進している。グーグルは公開企業となり、同時に倒産し消滅することもありうることが証明された」と記載されている。

当方は、「グーグルは、確かに偉大な企業となったが、『検索はグーグルで決まり』と思考を停止させるのは、あまりに短絡的過ぎるのかも知れない」と感じた。

また、プライバシーの問題に関する記述も興味深い。

本書に於いて、グーグルは「意思あるデータベース(Database of intations)」と定義されている。

グーグルは、検索されたキーワード(クエリー)から、顧客(あなた)が何を買い、何を探しているか、何を買いたくないのかを把握している。

他方、コンピュータを操作する場所が(パソコンから)ウェブに移ると、ソーシャルネットワーキング、検索、eコマースのようなアプリケーションになると、そのデータは誰の物か、法律は不透明である。

世界中が求めているものをグーグルのような企業が掌握しているとすれば、こうした企業に対して力ある組織は重大な関心を寄せるだろう。

2001年9月11日の同時多発テロ事件直後に制定されたアメリカ合衆国愛国者法では、政府はグーグルのような企業に対して、情報を秘密裏に引き渡すように強制出来るようになった事も気分の良い事ではない。

また、検索はまだせいぜい5%しか解明されていないと言う。
完全なる検索の世界とは、どのような世界なのだろうか。

本書では「なにかを質問して客観的な回答を得るのではなく、完全な検索をして「あなたの」完全な回答を得る。あなたの質問の文脈と意図に適した回答、不気味なほどの正確さで、あなたがだれであり、なぜ質問したかを知り尽くした上での回答を得る…これが完全なる検索の世界である」

検索の魅力と危険性。
実は、あまり知られていない事だと思う。

ザ・サーチ
スポンサーサイト
  1. 2006/12/26(火) 14:34:38|
  2. 書籍
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

書籍:「さおだけ屋はなぜ潰れないのか?」

書籍:「さおだけ屋はなぜ潰れないのか?」(★★☆)

コメント:
Amazon.co.jpを彷徨っていたら、タイトルに目が止まり、思わず購入。

「さおだけ屋はなぜ潰れないのか?」

…確かに、なぜ潰れないのだろう?

本書は、この疑問だけを解説している訳ではなかったので、若干「引っ掛かった」感は否めないが、「一般人が、会計を親しめるような本」として、「さおだけ屋」「ベッドタウンの高級フランス料理店」など生活の中で感じる「身近な疑問」をテーマに、会計のエッセンスを解説した気楽な書籍としては、充分に評価出来る。

逆説的には、本当に会計を学びたい人は、別の書籍を購入した方が良いのかも知れない。
まあ、そのような人は、このタイトルでは、購入しないと思うが。

当方としては、真新しい事は無かった為(さおだけ屋に関しては、へーと思ったが)、評価★★ではあるが、会計(=ビジネス)の本質を的確に捉えるという意味では、お薦めな書籍だと思う。

・利益を出すためには「売り上げを増やす」「費用を減らす」
・「商売の原則は、等価交換」
・「チャンスロスを考えながら目標設定を」
・「在庫は悪だ」
・「単価が上げられないのなら回転率を高めろ」
・「ある特定の数値を定期的におさえること」が分析の極意
・「ありとあらゆる数字の背後には、意味がある」

さおだけ屋はなぜ潰れないのか?

  1. 2006/12/23(土) 16:06:58|
  2. 書籍
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Los Angelesに戻る

本日、San FranciscoよりLos Angelesに戻る

流石に、時差の影響で、いま自分が何時なのか、分からなくなっている(苦笑)
  1. 2006/12/15(金) 18:18:00|
  2. 米州旅行記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ニューヨーク出張

夜11時の飛行機に飛び乗り、再び機中泊でニューヨークまで来た。

ブラジルでは、朝8時からミーティング、夜は6時間の時差を利用して西海岸と電話会議。
折角ブラジルまで来たので、サンパウロの町並みを、もう少し見たかった。とても残念である

ニューヨークも本日1泊で、明日の朝には、サンフランシスコへ出発。
こちらも、クリスマスシーズンだけに、とても残念だ。

真夜中に、ロックフェラーセンターのクリスマス・ツリーだけは見に行った。

New York_ロックフェラーセンター1  New York_ロックフェラーセンター2

  1. 2006/12/13(水) 17:57:04|
  2. 米州旅行記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ブラジル・サンパウロ出張

西海岸では、クリスマス気分が薄いせいか、相変わらずコツコツと仕事している

そんな訳で、出張に行って来た。

さあ~スタート
先ずは、ブラジル・サンパウロ

ロサンジェルスからシカゴまで4時間。飛行機を乗り換え、機中泊でシカゴからサンパウロまで10時間30分。待ち時間も含めると16時間30分の行程。

エコノミークラスの機中泊は、ちとキツイが…まあ、贅沢は言えないので仕方が無い

グアルーリョス国際空港の入国審査場では、右の画面はサッカーの試合、左の画面はフットサルの試合を放映している。

入国審査場にテレビ画面がある事自体不思議だが、その上サッカーとは、

まさに「Do Brasil」
(正式名称は、Rep醇Clica Federativa do Brasil)

グアルーリョス国際空港


因みに、ブラジル入国には、VISAが必要。

空港からホテルまでの移動の間、外の景色を眺める。
町並みは、お世辞にも綺麗とは言えず、多くの小型自動車が往来する。

ブラジルの排気ガスによる公害と慢性的な交通渋滞は、深刻な社会問題との事だ。

Brazil_Sao Paulo_1
Brazil_Sao Paulo_2


BRICsとして経済成長の著しいブラジルであるが、実際に来てみると、予想通りであった事、予想とは異なっていた事が、ハッキリと顕在化するものである。
  1. 2006/12/10(日) 16:54:22|
  2. 米州旅行記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

eboys

Author:eboys
日本にてWirelessおよびMedia関連のM&A業務を担当後、米国Silicon ValleyのVenture Capital FirmにてIT分野を担当。
現在は、日本に帰任、財務・会計部門に在籍中。
email: eboys.2005@gmail.com

カレンダー

11 | 2006/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

リンク

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。