YES and .blog

Don't give up before you try it.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

DVD:「エンロン 巨大企業はいかにして崩壊したのか?」

映画:「エンロン 巨大企業はいかにして崩壊したのか?」(★★☆)

コメント:
2001年に破綻した企業「エンロン」の巨額の不正経理・不正取引を題材にした作品。

エンロンは、総合エネルギー取引とITビジネスを手掛けていた全米有数の大企業であったが、その破綻は、大手会計事務所も巻き込んだ一大スキャンダルとなった。

2006年、在米国投資会社に勤務していた時に友人が紹介してくれた作品で、アカデミー賞ドキュメンタリー部門にもノミネートされている。今般、財務会計を学んでいくにあたり、米国会計基準に大きな影響を与えた事件だったことを再認識したため鑑賞してみた次第。

日本のライブドア事件同様、会計処理を巧みに操った事件だけに、内容は若干難しいが、元社員の証言、内部資料として残されたビデオ映像や音声テープ等が臨場感溢れる内容に仕上げている。実際に、ケン・レイ(元会長)、ジェフ・スキリング(元CEO)、アンディ・ファストウ元CFOが登場するのも凄い。

エンロンの問題自体に対する評論は、その切り口によって変わると思う。
個人的には、市場バイアスの存在が、非常に興味深かった。

結果だけを見て、「拝金主義」「倫理感の欠如」と批評することは簡単であるが、誰も最初から破滅/不正を目指していた訳ではないだろう。誰もが「新たな価値創造」に期待し、その期待が熱狂となり上昇気流を生み出した。

しかし、何らかの力により、何時からか、徐々に破滅に向かい始める。

サブプライム問題にしても、根本的な問題は同じだ。

銀行は金利、株主は株価、経営者は収益、従業員は給料を追求する限り、いつかは誰かが損をする仕組みになっている。可哀想だけど、弱者と定義される人達でさえ、その仕組みにBetしたのなら責任があると考えている。

エンロンは、「Ask why」という標語を掲げていた。(トヨタと似ている)
まさにその通りだと思うが、それでも破滅した。

映画の中では、「船長が船長でなくなる日」という表現が使われていたが、企業には様々な慣性の力が働いているから、直ぐには転舵出来ないのが現実なのだと思う。

そう言えば、私が、まだ米国に居た頃、同僚が不動産部隊の人間に「雑誌などで、土地価格の暴落が懸念されているが大丈夫なのか?」と質問していた。日本で、その問題が一般的に議論されるより、大分早かったと思う。

しかし、不動産部隊の人間は、「トレンドとしては記事の通りだと思うが、我々の戦略は×××で、それとは異なるから大丈夫だ」と答えていた。その時は、漠然と「そんなものか」と思った事を記憶しているが、その後暫くして大打撃を食らった。

しかし、残念ながら時間を巻き戻せたとしても、結果は同じだったと思う。

一方、将来に目を向けてみると、現在の環境関連分野は同じ様な印象を受ける。

例えば、当初Smart Gridの話を聞いた時は、カリフォルニア州の様に、電力自由化によるインフラの脆弱性を要因とした停電を避ける事を目的としていたと思う。しかし、本映画の通り、その停電が人為的な要因が含まれているとするならば、前提条件が大きく異なる。

確かに、電気自動車の監視等に利用する事も、その目的としては理解出来るが、目的が捻じ曲げられて来ているのではないかと疑念を抱く。

決して否定をしている訳では無く、Smart Gridは本当に必要なのか、改めて問い直してみるのも価値があるのではないだろうか。

最後に、映画の中で触れられていた教訓を以下に記しておく。

人生を振り返り「失敗した」と認めるのは苦しい
でも、自分を冷静に見つめ自問しなくては
本当の自分は?
今の自分は?
もしかして幻影を追っていたのかもしれない

エンロン 巨大企業はいかにして崩壊したのか? デラックス版 [DVD]エンロン 巨大企業はいかにして崩壊したのか? デラックス版 [DVD]
(2007/05/25)
元エンロン社員:ケン・レイ(元CEO) ジェフ・スキリング(元CEO) アンディ・ファストウ(元CFO)

商品詳細を見る
スポンサーサイト
  1. 2009/08/14(金) 09:19:38|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

映画:「ジェネラル・ルージュの凱旋」

映画:「ジェネラル・ルージュの凱旋」(★★★)

コメント:
六本木ヒルズで「ジェネラル・ルージュの凱旋」を観てきました。

書籍の「ジェネラル・ルージュの凱旋」とは若干異なる内容になっていましたが、とても面白かった。
キャスティングも絶妙だったし、救急救命の現場が抱えるジレンマも緻密に描けている。

しかし、白鳥圭輔役の阿部寛がイイ味出してるなぁ。。。





ジェネラル・ルージュの凱旋ジェネラル・ルージュの凱旋
(2007/04/07)
海堂 尊

商品詳細を見る
  1. 2009/03/22(日) 18:59:25|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

DVD:「奇跡のシンフォニー」

DVD:「奇跡のシンフォニー」(★★★)

コメント:
以前から気になっていた映画でしたが、超オススメな作品♪
特に、シンプルな映画、ファンタジー作品、そして音楽好きな方は必見だと思います。

ストーリーは、数奇な運命により施設で孤独に暮らす少年が、“きっと会える”と信じて、未だ見ぬ両親を探す旅に出るというもの。

彼には両親から受け継いだ音楽の才能があり、その才能は旅の中で触れた外界の音、楽器、そして人によって次第に覚醒、離れ離れであった家族を奇跡へと導いていく。

ラストシーンに於ける家族の心がひとつになったシンフォニーは最高でした。



奇跡のシンフォニー奇跡のシンフォニー
(2008/10/22)
フレディ・ハイモアジョナサン・リース=マイヤーズ

商品詳細を見る
  1. 2008/10/27(月) 20:46:47|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

DVD:「ほしのこえ」

DVD:「ほしのこえ-The voice of a distant star-」(★★★)

コメント:
先日のエントリー「テレビ進化論」で紹介された新海誠氏の作品「ほしのこえ」を、知人にDVDを借りて観ました。ジャンルとしては、SFラブストーリー・アニメーションと呼ぶようです。

私自身、SFやアニメが特別好きな訳ではないが、本作品は秀逸だと思う。

「遠距離恋愛」と「携帯メール」という身近な題材に、「宇宙=距離・時間」という概念を取り入れて完璧な世界観を築いている。

これだけの作品を、ほぼ一人で作り上げた事を、素直にスゴイと思う。

ある日、国連宇宙軍の選抜メンバーとして宇宙に飛び立って行った中学生の少女・美加子と地球に残る同級生・昇。

美加子と昇は、携帯メールで取り合う。
しかし、美加子が地球から離れるにつれて、お互いのメールが届く時間も長くなって行く。
その時、二人は何を想うのだろうか。

「ねえ、私達は宇宙と地球に引き裂かれる恋人みたいだね」
「でも、光の速さで8年掛かる距離なんて、永遠と言うのと何も変わらない」

自分の想いを携帯メールに託して、8年半後の相手に送る。
いつ届くか分からないメールを待つ人。

貴方にも、携帯メールを待った日があっただろう。

「想いが、時間や距離を超える事だってあるかもしれない」
「もし、一瞬でも、そういう事があるなら、僕は何を想うだろう」

ほしのこえ~The voices of a distant starほしのこえ~The voices of a distant star
(2005/07/07)
アニメ

商品詳細を見る
  1. 2008/09/14(日) 11:06:37|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

DVD:「頭山」山村浩二作品集

DVD:「『頭山』山村浩二作品集」(★★☆)

コメント:
昨日に続くアニメーションネタで、日本を代表するアニメーション作家・山村浩二氏の作品集です。

「頭山」は、日本人初の第75回アカデミー賞短編アニメーション部門にノミネート、2003年のアヌシー国際アニメーション映画祭アヌシー・クリスタル賞(最高賞グランプリ)受賞、ザグレブ、広島でもグランプリを獲得した作品。落語「あたま山」を、アニメーションによる新たな解釈を試みた作品。

内容は、ちょっとシュールで自分の好みとは異なりますが、ほとんどコンピューターに頼らず、色鉛筆やマーカーによる表現は、大胆さと細やかさの両面を実現した素晴らしい作品だと思います。

一方、同じく収録されている「カロとピヨブプト」は、ゆったりとした世界観がとても好きですね。
子供も気に入ってくれると思います♪

色々な作品を観ていくと、自分の好きな作家というのも分かってくるし、同じ作家の作品でも好き嫌いがある訳で、自分の趣向がハッキリしてくるのも面白いです。

「頭山」山村浩二作品集「頭山」山村浩二作品集
(2006/07/21)
SYZYGYS

商品詳細を見る
  1. 2008/09/07(日) 23:55:01|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

eboys

Author:eboys
日本にてWirelessおよびMedia関連のM&A業務を担当後、米国Silicon ValleyのVenture Capital FirmにてIT分野を担当。
現在は、日本に帰任、財務・会計部門に在籍中。
email: eboys.2005@gmail.com

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

リンク

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。