YES and .blog

Don't give up before you try it.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

書籍:「孫子」

書籍:「孫子」(★★☆)

コメント:
経営を論じる際、その国民性を理解する事が大事である。

例えば、日本でには、「苦難を全力を持って打ち破る」ことを美徳とする傾向がある。所謂、「武士道」である。
この様な文化は、「日本的な経営」の中でも、大きな特徴と言えるのではないだろうか。

一方、欧米の経営論は、ポジショニング戦略などに代表される様に、競合他社がいない領域を見つけ出し、最小のコストで最大のリターンを得る事を目的としており、「苦難を全力を持って打ち破る」というマインドは無い。

では、成長著しい中国は、どうであろうか?

結論としては、中国は、比較的欧米に近いといわれるが、そこには「孫子」の影響が色濃く残っているとの事。

そこで、本章を手にしてみた次第。
本書は、中国最古の兵書『孫子』13篇の全訳で、原文である漢文と、その読み下し文と、口語訳とを、各段ごとに対象しているので読み易かった。

孫子が興味深いのは、兵書でありながら好戦的なものではないということ。

・孫子曰く、兵とは国の大事なり、死生の地、存亡の道、察せざるべからざるなり。
・百戦百勝は善の善なるものに非ず、戦わずして人の兵を屈するは善の善なるものなり。
・兵は拙速(まずくとも素早くやる)なるを聞くも、未だ巧久(うまく長引く)なるを賭ざるなり。
・孫子曰く、凡そ用兵の法は、国を全うするを上と無し、国を破るはこれに次ぐ。

一方、兵術に関する記載もあるが、その立場は徹底的な現実主義という点が特徴である。
地形、用兵、諜報、財政、人心など記載内容は多岐に渡るが、個人の事情・感情は一切考慮されていない。

・兵とは詭道(正常な遣り方に反した仕業)なり。
・故に兵を形すの極は、無形に至る。則ち深間も伺うこと能わず、智者も謀ること能わず。

・故に善く戦う者は、これを勢に求めて人に責めず、故に能く人を択びて勢に任ぜしむ。
・彼れを知りて己れを知れば、勝 乃ち殆うからず。地を知りて天を知れば勝 乃ち全うすべし。

・主は怒りを以って師を興こすべからず。将は憤りを以って戦いを致すべからず。利に合えば而ち動き、利に合わざれば而ち止まる。怒りは復た喜ぶべく、憤りは復た悦ぶべきも、亡国は復た存すべからず、死者は復た生くべからず。

・夫れ地形は兵の助けなり。敵を料って勝を制し、険夷・遠近を計るは、上将の道なり。此れを知りて戦いを用なる者は必ず勝ち、此れを知らずして戦いを用なる者は必ず敗れる。
・国の師に貧なるは、遠師にして遠く輸せばなり。遠師にして遠く輸せば即ち百姓貧し。近師なるときは貴売すればなり。貴売すれば即ち百姓は財竭く。財竭くれば即ち兵役に急にして、力は中原に屈き用は家に虚しく、百姓の費、十に其の七を去る。

新訂 孫子 (岩波文庫)新訂 孫子 (岩波文庫)
(2000/04)
金谷 治

商品詳細を見る
スポンサーサイト
  1. 2010/06/18(金) 01:10:32|
  2. 書籍
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

書籍:「世界で戦うキャリアづくり―グローバルを知る外資系トップが語るリーダーの条件」

書籍:「世界で戦うキャリアづくり―グローバルを知る外資系トップが語るリーダーの条件」(★★☆)

コメント:
最近読んだのが本書籍。

著者の脇若氏は、早稲田大学卒業後、三井物産入社。ハーバード大にてMBAを取得。
36歳の時にBPオイル・インターナショナル(英国)に転職、その後BPジャパン(株)代表取締役社長に就任した人物。

なんとなくタイトルから書籍の内容が推測出来そうだが、読み易い一冊。
基本的には石油ビジネスを題材にしているが、ビジネス全般に通じる内容だと思う。

「原油トレードの基本は三つしかない。」
①モノのクオリティ(品質)のスワップ、②タイミング(時間)のスワップか、③ロケーション(場所)のスワップ、この組み合わせで取引するのだ。

「トレーディングの仕事には、四つの能力が必要である。」
①情報収集、②分析、③意思決定(決断)、④実行である。この四つのフローを意識するだけで、一つひとつの行動が、勘ではなく、情報に基づいたロジックで動けるようになる。

『売る』『買う』という決断以外にもうひとつ重要かつ、忘れがちな意思決定がある。
それは「Do Nothing(何もしない)」という決断である。

また、外資系企業で活躍された人物だけに、キャリアの作り方は興味深い。

例えば、キャリアアップの選択オプションは、大きく三つの要素(①会社、②勤務地、そして③仕事内容)から成る。
そして、コツは、三つを一気に変えないことである。

また、人生を12年周期で考える。
最初の12年間は、ちょうど義務教育の小学校までの時間であり、家庭の勉強、生活の基礎、人生の基礎を身に付ける。
そして次の中学以降の12年は、学校の勉強。いわゆる学問としての勉強を徹底して行う。
そして次の12年、おおよそ36歳くらいまでは、ビジネスの基礎を固める期間だ。この12年が、次の12年を開花させるために非常に重要になるのは言うまでもない。
36歳から48歳までは、身に付けた基礎を使って、本格的にビジネスに取り組み、成果を出す段階だ。ここで自分の進むべき報告はおおよそ見えてくるだろう。
そして、48歳から60歳までの間は、自分がやってきたことの完成度を上げていく時期だ。

2年で結果を出す「6・12・6の法則」
職場を移ると、最初の六ヶ月は、まずは仕事を覚える。そして次の十二ヶ月でそれをマスターする。この時に変える必要があるところは、どんどん変えていく。そして、最後の六ヶ月で仕上げていくのである。

世界で戦うキャリアづくり―グローバルを知る外資系トップが語るリーダーの条件世界で戦うキャリアづくり―グローバルを知る外資系トップが語るリーダーの条件
(2008/11/14)
脇若 英治

商品詳細を見る



  1. 2010/06/05(土) 20:37:56|
  2. 書籍
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

書籍:「世界が指摘する岡田ジャパンの決定的戦術ミス」

書籍:「世界が指摘する岡田ジャパンの決定的戦術ミス」(★★★)

コメント:
イタリア人監督5人が日本代表の7試合を分析し、岡田ジャパンの戦術ミスを指摘した書籍。
現在の日本代表を分析している点、テレビ解説の様な印象論ではなくシステムを俯瞰的に分析している点が非常に面白く、サッカー好きにはお奨めの一冊です。

感想としては、「分かっているけど出来ない」のが現在の日本代表なのだと思う。
表紙に記載されている「ここを変えれば岡田ジャパンは勝てる!」というほど、甘くはないのでは?とも思った。

一言で言えば、「連動性」に問題があるという事。
まあ、「連動性」自体は、岡田監督が繰り返し述べているコメントだが、具体的には以下のことを指摘している。
①ディフェンスは、ディアゴナーレ(斜め後方に)に動いて、バランスよくスペースを消すべき。日本代表は、先ず人に寄せるため後手に回って混乱する傾向がある。
②日本代表フォワードの懸命なプレスは、ミッドフィルダー、ディフェンスとの連動がなく無意味で消耗するだけで虚しいだけである。
③中村(俊)が、サイドバックの役割を担っているので、攻撃時には疲弊して能力を発揮出来ない。
④闘莉王が、背後のスペースを気にせず上がる傾向がある。

ただ、Jリーグレベルならいざ知らず、世界レベルの選手は瞬発力が違うので、先ずは寄せたがる気持ちも分からなくもないし、闘莉王が上がる事で局地的な数的優位を作らないと局面を打開出来ないのも現実だと思う。

要するに、基本的な運動能力の面も含めて「分かっているけど出来ない」訳だから、所謂「セオリー」を捨てて、特殊なサッカー(日本らしいサッカー?)で打開するのが岡田ジャパンの試みでは?と信じたい。

世界が指摘する岡田ジャパンの決定的戦術ミス~イタリア人監督5人が日本代表の7試合を徹底分析~ (COSMO BOOKS)世界が指摘する岡田ジャパンの決定的戦術ミス~イタリア人監督5人が日本代表の7試合を徹底分析~ (COSMO BOOKS)
(2010/02/06)
宮崎隆司

商品詳細を見る
  1. 2010/04/30(金) 22:56:12|
  2. 書籍
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

第16回企業白書~「新・日本流経営の創造」~

社団法人 経済同友会 代表幹事である桜井 正光氏が纏めた「第16回企業白書~『新・日本流経営の創造』~」が興味深かったので紹介したい。(こちら

本論文では、日本企業には、日本の文化や歴史に基づいた価値観があり、それらに根ざした確固たる「強さ」がある。この日本的経営の「強さ」を再評価し、中でも成功している企業の中に共通しているものを抽出、また益々グローバル化が進展する企業社会にあって、欧米のグローバル企業が強みとする経営手法やシステムの中から取り入れるべきものを抽出し、両者を合体させる試みを提言という形で纏めている。
また、「日本的」という言葉に自縄自縛にならない事、それぞれ企業独自の「DNA」の見極めが重要と説いている。

特に、「グローバル人材の育成と活用」の章が興味深かった。
本論文では、「今後日本企業のリーダーに求められる人材」とは、日本企業の強み(長期的視点、高い倫理観、道徳心)を基軸とした上で、多くの日本人リーダーの弱みと言われているリベラルアーツ(一般教養)やダイバーシティ(多様性)への理解、異文化コミュニケーション能力を有した人材との事。

文化・言語の違いを超えてダイバーシティのあるチームを好み、それを率いる力を持ったリーダーシップ力。
言い換えると、文化の違いを認め、それぞれの文化を尊敬し合い、その上で違った文化・言語を持った人たちが、共通の価値観・理念を共有して全員がその共通の価値観をベースに行動できるようにベクトルを合わせるリーダーシップ力。

グローバルに通用するリーダーを育てるには、下記の点が求められるとの事。
●リーダー育成は、ただ単に教育プログラムを作れば良いというものではないし、人事部に任せておいて出来るものでもない。経営者、経営幹部が自ら責任を持ち、企業理念の実践者を育て、OJT(On the Job Training:職場内教育)も含めて一体化したプロセスを作ることが人材育成の基本である。

●リーダーとは企業理念の実践者である。従って、企業理念が明確化・明文化していないと人材教育は成り立たない。

●全世界の従業員が同じような機会を与えられるいわゆるEqual Opportunity(機会均等)の人事制度・文化をつくることである。

●日本にある本社をグローバル化することである。GEはマネジメント層の海外構成比率を売上比率と同じにしたいという目標を掲げており、その実践に向けた制度づくりを始めている。

●的確な分析力と、論理的な思考力があること。色々なバックグラウンドや異なった意見を持つ人々をリードする時に、「阿吽の呼吸」ではない、意見の違いを超えて納得させる力(「伝える力」とも言える)が必要である。

●哲学、倫理、宗教、歴史、文化に対する素養も必要だろう。

私見としては、日本企業は、今後も様々な人材育成施策を継続的に実施していく訳だが、結局は狭義には経営者、広義には社員ひとりひとりの力量が企業を成功に導くか、失敗に導くのか、を決めるという事なのだろう。
しかしながら、日本は他国に比べて多様性に対する経験が乏しいのは否めない。従って、本論文にもあるように、会社に入ってからの教育だけでなく、会社に入るずっと前、初等・中等からの教育が重要になってくるのだと思った。

ダーウィン「生き残れる生物は、強いものや頭の良いものではない。変化に順応出来るものだ。」
  1. 2010/02/16(火) 23:45:46|
  2. 書籍
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

書籍:「学問のすすめ 現代語訳」

書籍:「学問のすすめ 現代語訳」(★★★)

コメント:
秀逸な一冊、非常にお奨めな一冊です。

米国勤務時代の同僚と久しぶりに会った時の事、彼は最近政治に関心があると言う。
我々は、それほど真面目な学生では無かったが、年齢によるものなのか「昔はテレビでバラエティ番組を見ていたが、最近は日本の行く末が心配で政治関連番組を見るようになった」という話で盛り上がった。

また、NHKドラマ「坂の上の雲」の評判が良いらしい。
そして、登場人物達の座右の銘が、この「学問のすすめ」に記述されている「一身独立して一国独立する」である。

改めて考えてみると、現在の日本は、「自国のあり姿」について再考されるべき時代にあるのではないかと思うに至り、本書籍を手に取ってみた次第。

本書籍は、齋藤孝氏による現代語訳であり非常に読み易く、また、その内容は現代に書かれた書籍と思うほどに鮮明である。言い換えれば、日本の文明は、明治維新以来進歩していないのではないか、とさえ思う程である。

印象に残った下りを以下に記載しておく。

学問のすすめ

福沢諭吉自身、「この本のタイトルは『学問のすすめ』としたけれども、決して字を読むことのみを勧めているのではない。人には、それぞれの社会的役割や才能というものがある。才能や人間性を身につけるには、物事の筋道を知る必要がある。それを知るためには、文字を学ばなければならない。だから、現在学問が緊急に必要とされているのだ。」としている。

「天は人の上に人を造らず、人の下に人を造らず」

「人がこの世に生まれるのは、天によるものであって、人の力によるものではない。人と人との関係は、本来同等だ。ただし、その同等というのは、現実のあり方が等しいということではなくて、権理が等しいということだ。」

「貧富・強弱の状態は、あらかじめ決められているものではない。人間が努力するかしないかによって変わるものであって、今日愚かな人も、明日には賢くなるように、かつて豊かで強かった国も、いま貧弱な国となることもある。古今にその例は少なくない。」

「一身独立して一国独立する」

国と国とは同等なのだけれども、国中の人民に独立の気概がないときには、一国が独立する権理を十分に展開する事が出来ない。その訳は、以下の三点である。

第一条
独立の気概がない人間は、国を思う気持ちも浅い。
尚、独立とは、自分の身を自分で支配して、他人に依存する心がないことを言う。
人々に独立の気持ちがなく、ただ他人に頼ろうとだけしていると、全国民がみな人に頼るばかりでそれを引き受ける人がいなくなってしまう。

第二条
国内で独立した立場を持っていない人間は、国外に向かって外国人に接するときも、独立の権理を主張することができない。
独立の気概がない者は、必ず人に頼ることになる。
人に頼る者は、必ずその人を恐れることになる。
人を恐れる者は、必ずその人間にへつらうようになる。

第三条
独立の気概がない者は、人の権威をかさに着て悪事をなすことがある。

試しにイギリスへ行って「イギリスは独立を保っていけますか」と聞いてみたところで人は笑って答えないだろう。なぜか。誰もそのことを疑ってなどいないからだ。

天理人道

天理人道とは、天が定めた自由平等の原理、の事。
天の道理や人の当たり前の情にきちんと合っていることだったら、自分の一命をかけて争うのが当然だ。
これが国民のなすべき義務というものである。

文明の形と精神の反比例

国の文明は、形のあるもので評価してはならない。
真に「文明の精神」と呼ぶべき最も偉大で、最も重要なものとは「人民独立の気概」である。

およそ世の中の物事は、進歩しない者は必ず退歩する。退歩しない者は、必ず進歩する。
進歩も退歩もなく、そのままのところに留まる者はありえないのが理屈である。
いま日本のようすを見ると、形としての文明は進歩しているように見えるけれども、文明の精神である人民の気概は、日に日に退歩している。

世話の意味

保護と指図とは、究極的には両方とも一致するものだ。
また、その範囲はぴったりとして寸分の狂いもあってはならない。

世の中では、「貧乏救済」などといって、その相手の人物の良否を問わず、その貧乏の原因を考えず、ただ貧乏な有様を見て、食料や金を援助する事がある。身寄りが無く頼る相手がいない相手に対しては援助ももっともであるけれども、五升の米をもらったら三升を酒にして飲んでしまう者もいるのだ。禁酒の指図もできないのに米を与えるのは、指図が行き届かないところに度を超した保護を与えるものだと言える。

正しい実行力をつける

議論と実行とは、少しも齟齬しないよう。間違いなくバランスを取らなければいけないのだ。

次代の若者たちよ、他人の仕事を見て物足りないなあ、と思えば、自分でその仕事を引き受けて、試しにやってみるのがよい。

非常に大きなことからとても細かいことまで、他人の動きに口をだそうとするならば、試しに自分をその働きの立場において、そこで反省してみなければいけない。あるいは、職業がまったく違ってその立場になれない、というのであれば、その働きの難しさと重要さを考えてみればよい。

人望論

交際の範囲を広くするコツは、関心をさまざまに持ち、あれこれをやってひとところに偏らず、多方面で人と接することになる。
人間のくせに、人間を毛嫌いするのはよろしくない。


学問のすすめ 現代語訳 (ちくま新書)学問のすすめ 現代語訳 (ちくま新書)
(2009/02/09)
福澤 諭吉

商品詳細を見る

  1. 2010/01/03(日) 23:22:58|
  2. 書籍
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

eboys

Author:eboys
日本にてWirelessおよびMedia関連のM&A業務を担当後、米国Silicon ValleyのVenture Capital FirmにてIT分野を担当。
現在は、日本に帰任、財務・会計部門に在籍中。
email: eboys.2005@gmail.com

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

リンク

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。